東京五輪、男子陸上リレー「金」を最優先? 有森裕子

日経Gooday

男子100・200m、4×100mリレーの競技日程

このように、世界選手権では、100m、200mを終えてからリレーまでに中2日の休みがあったのですが、東京五輪では、1日も休まずリレーが行われます。この日程で100m、200m、リレーの3種目に出場し、準決勝、あるいは決勝まで戦うと仮定すると、選手の負担が大きすぎ、最後のリレーに万全のコンディションで臨めなくなると陸連は考えたのでしょう。

「個人種目をしっかり戦った上で、リレーもがんばりたい」

日本オリンピック委員会(JOC)が東京五輪の金メダル目標数として過去最多の「30個」を掲げる中、陸上で金メダルが狙える男子4×100mリレーで勝つために、万全を期したいとの考えを示した陸連。その背景には、2019年に日本中を沸かせたラグビーワールドカップのように、「 “ワンチーム”で戦ってメダル獲得」という世間の期待に応えたい思いもあるように感じます。

しかし、この報道を受け、1人1種目しか出場できないことへの疑問が、SNSなどで数多く上がりました。何よりも、当事者である選手たちは動揺したことでしょう。100mの日本記録保持者で、100m、200m両方で決勝進出を狙える実力の持ち主であるサニブラウン・ハキーム選手(米フロリダ大)は、「まずは個人100m、200mをしっかり出てからのリレーかなと思っている」「個人種目をがんばった上で、リレーも手を抜かないスタンスでやっていければ」とコメントしています。選手からこうした意見が出るのは当然だと思います。100m9秒台が3人もいる日本の短距離選手の実力は、過去最高の状況で、短距離で五輪の決勝の舞台に立つことは、どの日本選手にとっても大きな夢と言っていいでしょう。

私は、短距離選手が100mや200mを1本走るごとにどれくらい体にダメージを受け、どれくらいのリカバリー時間が必要かを知りませんし、このタイトな日程が選手にどれだけの影響を及ぼすのかも分かりません。しかし、リレーでのメダル獲得という目標を最優先したい陸連側と、個人種目もしっかり戦いたいという選手側の、五輪に対する価値観の違いが浮き彫りになったこの状況において、陸連は、当事者である選手の思いにきちんと耳を傾けてほしいと思います。

オリンピックは国家間の競争ではない

オリンピック憲章には、「オリンピック競技大会は、 個人種目または団体種目での選手間の競争であり、 国家間の競争ではない」と記されています。国の戦いではなく、個人の戦いであると捉えられるこの記述を今一度考えてみると、個人よりも組織の論理を優先する今回の陸連の提案に、異論を唱える人が出てきてもおかしくないようにも思います。

もちろん、団体競技と個人競技では、勝利に対する考え方や価値観は異なります。ラグビーやサッカーといった団体競技は、「誰かのために戦う」「チーム一丸となって」という言葉や思いが力につながりやすいように感じます。一方、個人競技ではどうでしょうか。少なくとも私自身は、「自分自身のために戦う」という意識が大きな原動力になっていました。

今回の提案は、あくまで提案であり、最終決定は3月になる見込みです。さまざまな思惑が渦巻く中、陸連、監督・コーチ、そして当事者である選手が声を上げて、大いに議論する余地があるでしょう。選手が自分たちの意思で決めて、覚悟を持って挑んだ結果と、そうではない結果では、後悔や納得の度合いが異なります。そのことは、東京五輪以降の人生にも大きく影響するでしょう。選手たちが責任と覚悟を持って五輪に挑める状況になることを切に願います。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子さん
元マラソンランナー。1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

[日経Gooday2020年2月11日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント