校庭に大きな笑顔を描いてみる 体動かせば分かる数学使える数学(後編)

ギャルの女子高生が慶応大に合格するまでを描いた「ビリギャル」のモデルとなった小林さやかさんが、様々な分野の専門家に率直な疑問をぶつけます。前回に引き続き、数学編。大学院生になったビリギャルが、あなたにかわって勉強してきます。

「数学は大人になってからも役に立つのだろうか」。東京大学先端科学技術研究センターの西成活裕教授の前回のお話は目からうろこがおちまくりだった。割り算と微分を少し使えば、マラソンのスタート所要時間を短縮できるし、うちのお風呂の湯温をちょうどいい感じにもできる。さらにスマホの裏側はサインコサインタンジェントなんだって。でも、大きな疑問があるよね。どうして学校では、「数学は便利に使える」って教えてくれなかったのか? 西成先生にさらに深く聞いてみた。

――数学はなぜ必要なんですか? という最初の疑問はだいぶ解けてきました。でも、どうして学校では「こんなに役に立つよ」って教えてくれなかったんだろう? ひたすら難しい計算をさせられて、楽しいと思えませんでした。

「残念ながら、中学高校の現場の先生の多くは、数学は知っているけれど、仕事の現場でどう役に立っているかをあまり知らないんですね。だからうまく伝えられない。私は中学高校の先生に『数学の教え方』を教える講演をしているくらいですから」

――なんと……数学の先生の数学の先生が西成先生なんですね。それ直ちに全国の全数学の先生たちに聞いてもらいたいです。

「数学の授業って、つまらないことが多いですよね。それには理由がある。今の数学のカリキュラムは、極端なことを言えば数学の専門家をつくるためにあるようなものなんです。だからやたらと難しいし、こなしていく問題がたくさんある。でも、ほとんどの人は数学の研究者にはならないでしょ?」

――まあ、ほとんどの人はならないですよね。わたし友達多いけど数学の研究者になった人、一人もいないもん。

「数学の教科書は数学者が作っているから、研究者への道を歩かせる内容になってしまっている。でも、もし、数学をバリバリ使って、さまざまな社会の実際の問題を解決している人が数学の教科書を作ったら、まったく違うものになるはずです。誤解のないように言うと、数学の研究者ももちろん必要なの。そういう人には道を究めてほしい。でも、そうじゃない、実用的な数学の教え方もあっていいはずです」

「例えば、『マラソンのスタート所要時間を縮めたいから全員アイデア出してみよう! これを考えるにはどうやら微分が必要だな。だったら微分のやり方を覚えようよ』みたいに、解決したい問題を示してから、ではどんな数学が必要なのかを教えたら、勉強したくなるでしょ?」

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ