日経イチグラ 日経賞に滋賀県立守山中高クイズ研究会団体賞発表 QuizKnock賞は千葉県立船橋高校クイズ研究会部

全国の学生サークルなどのクイズ団体がとっておきの1問を競う「日経1問グランプリ」(略称日経イチグラ)の受賞作が決定しました。日経イチグラは、クイズをつくる「作問」の面白さに焦点を当てた企画です。2月6日から29日までの間、各団体からツイッター経由で寄せられたオリジナルクイズの応募数は、100問超。団体対抗で問題の質を競ってもらいました。参加いただいたすべての団体に心より感謝申し上げます。

問題の着眼点や切り口、構成などについての審査に携わったのは、日本経済新聞の若者向けチャンネルNIKKEI STYLE U22、クイズメディアQuizKnock(代表・伊沢拓司氏)、著名クイズプレーヤーである徳久倫康氏、廣海渉氏、水津康夫氏の各氏です。

厳正な審査の結果、団体賞の日経賞は時事ニュースを明解なクイズに仕立てた「滋賀県立守山中高クイズ研究会」に、同じく団体賞のQuizKnock賞は楽しさと学びを両立させた「千葉県立船橋高校クイズ研究会部」に贈られることとなりました。個人賞の水津賞、徳久賞、廣海賞については3月26日に発表する予定です。

なお、多様なクイズ文化を尊ぶという「日経クイズのとびら」のコンセプトに基づき、各賞の間に序列はありません。

本来は3月20日開催の全日本クイズリーグ(AQL)大会の会場で受賞作の発表と表彰式を行う予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で取りやめとなり、U22上でのお知らせとなりました。

日経賞 滋賀県立守山中高クイズ研究会 

団体紹介 略称MQLs、創設2010年、部員約15名。QuarK加盟校として例会への参加・開催、高校生クイズやエコノミクス甲子園、AQLへの参戦などの活動を行なっています。学年・性別に関わらず、仲良くクイズを楽しめることが我々の良い所だと思います。

  • Q1

    トヨタ自動車の「KINTO」やSONYの「PlayStation Now」などのように、製品やサービスの一定期間の利用に対して代金を支払うビジネスモデルのことで、日本では一般に「サブスク」の略称で呼ばれるものは何でしょう?

  • 正解は…

    『サブスクリプション(方式)』

    日本経済新聞社が主催していらっしゃるということで、経済系の時事問題かつ、最後まで聞けば、競技クイズをされていない方でも答えられるかも知れないという難易度で作問しました。( 滋賀県立守山中高クイズ研究会コメント)

QuizKnock賞 千葉県立船橋高校クイズ研究会部

団体紹介 「県立船橋高校クイズ研究会部」は1993年に創設された。現在の部員数は40名を超えており、「高校生クイズ」等といったメディアへの出演に加えて「はじめて杯」や「船橋例会」といった大会の開催も手がけている。ほぼ毎日行っている部活で身につけた、素早い早押しが持ち味か。

  • Q2

    これの設置に関わったジョージ・チャールズワースは「シマウマ博士」というあだ名を送られた、車道を渡る歩行者の為に設けられる、白と黒で舗装された通路を何というでしょう?

  • 正解は…

    『横断歩道』

    知識、発想力、一般常識力の3つを兼ね備えた問題」をコンセプトに製作しました。1フリ目でボタンを押すのは難しいと感じたため、「シマウマ博士」と「車道」といったキーワードから答えを推測できるように構成しました。(千葉県立船橋高校クイズ研究会部コメント)

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ
次のページ
各賞の講評はこちらから
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ