転職失敗に3パターン 自分の現在・過去・未来を確認経営者JP社長 井上和幸

過去編・同じ失敗を繰り返す危険性はないか?

第2のポイントは「過去」です。問うべきなのは「選択しようとしている転職先企業で、過去の失敗と同じことを繰り返す危険性はないか?」という点です。

私は長らく多くのミドル、シニアの転職相談に乗り、その人たちの職務経歴書を1万枚近く拝見してきました。するといろいろ気がつくことがあります。その一つに、「短期(1~3年以内)での転職を複数回繰り返している人は、同じことを繰り返している」というものがあります。

転職するたびに、入社時に話のあった職務と違う職務を命じられ、不本意になり転職する。「次の入社先こそ」とスタートするも、そこでもまた入社時と違う職務にアサインされてしまい、また転職へ。あるいは入社する会社が次から次へとことごとく買収されたり倒産したりする。行く先々で、社長や上司からパワーハラスメントを受けたと感じ、周囲と意見が合わない。こうしたケースが本当に多くみられます。

もちろん全てがご本人の責任であるとか運の悪い人だということではありません。しかし、自分の中にこれらのことを引き起こす芽があることもまた事実なのです。

実は自分が自覚できていないところで、担当職務を全うするには専門性が不足していたり、人間関係力に課題があったりするから、担当職務を変更されてしまう。転職しやすさやオファー提示の早さにばかり気が行ってしまうため、その会社の経営の健全性や安定性、成長性をレビューできていない。「社長や上司が」と言っているが、自分自身のコミュニケーションや性格のほうに問題がある。そういうケースが珍しくありません

自分の中の課題をクリアせずに転職すると、必ず転職先でまた同じ課題や困難が襲ってくるものです。私自身も過去に経験がありますが、自分の仕事上や人間関係上の宿題を解く「ステージクリア」を済ませない限り、次のステップアップにはうまく進めません。今回の転職が、そもそもちゃんと「ステージクリア転職」になっているか否かは、絶対にチェックしたいものです。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
未来編・将来への夢、展望を持てる場か?
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら