完全無線イヤホンNoble対オーテク 1万円台でも高音質「年の差30」最新AV探訪

左がNoble Audioの「FALCON」、右がオーディオテクニカの「ATH-CK3TW」
左がNoble Audioの「FALCON」、右がオーディオテクニカの「ATH-CK3TW」

すっかり定着した完全ワイヤレスイヤホン。2019年は大手メーカーの新機種発表や新興ブランドの台頭が目立ったが、2020年は1月に開催された「CES 2020」でShureが「AONIC 215」を発表するなど、ハイクラスのオーディオメーカーも参入する動きを見せている。その先駆けとなったのが、Noble Audioの「FALCON」だ。オーディオテクニカの新作完全ワイヤレスイヤホンとあわせて、平成生まれのライターと昭和世代のオーディオ・ビジュアル評論家が聴き比べた。

2万円でおつりが来る同士の対決

小沼(28歳のライター) 今回聞き比べるのはNoble Audioの「FALCON」と、オーディオテクニカの「ATH-CK3TW」です。Noble Audioは小原さんが2019年の完全ワイヤレスイヤホンのベストとして挙げていましたよね(記事「2019AV家電 驚きの8K有機EL、オーディオは2極化」参照)。

小原(55歳のオーディオ・ビジュアル評論家) そうですね。Noble Audioは10万円以上のイヤホンを主に作っているメーカーですし、初の完全ワイヤレスイヤホン、しかも2万円以下というのはかなりインパクトがありました。

小沼 対するはオーディオテクニカ「ATH-CK3TW」。オーディオテクニカはこれまでに何機種も完全ワイヤレスイヤホンを発表していますね。この連載でも以前「ATH-CKR7TW」を取り上げたことがあります(記事「老舗の完全無線イヤホン対決 ゼンハイザー対オーテク」参照)。

小原 開発を重ねているだけあって、オーディオテクニカの完全ワイヤレスイヤホンはかなりクオリティーの高いものになっていると思います。

小沼 価格はそれぞれ、FALCONが1万9800円、ATH-CK3TWが1万3860円(ともに税込み、1月下旬、ヨドバシドットコムで確認)。2万円でおつりが来るイヤホン対決ですね。

両者のケースを開けたところ。楕円形のFALCONに対し、ATH-CK3TWは立方体に近い形状
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ハイエンドブランド初の完全無線
MONO TRENDY連載記事一覧