自宅で使う脱プラ・ストロー3選 モノとしても魅力的

洗練されたアルミストロー

アルミでできた「15.0% アイスクリームストロー」、税別3000円。洗浄用のブラシが付属する

最後に取り上げるストローは「金属」。

タカタレムノス(富山県高岡市)の「15.0%シリーズ」は、冷凍庫から出したばかりの固いアイスクリームでも手の温度が伝わりやすく、すぐに食べることができるスプーンで注目された。

同シリーズの新しいバリエーションとしてクリームソーダに焦点を当て誕生したのが、「15.0% アイスクリームストロー」だ。ストローだけでなく、スプーンとしても使えるデザインになっている。

「熱伝導率の高いアルミニウムの特性から、ストローをくわえたときに唇にひんやりとした冷たさが伝わります」と同社の菊地圭輔さんはその魅力を語る。「ストローが結露するので、視覚的にも清涼感を伝えることができるのも、金属製ならではの特徴です」

クリームソーダ用として生まれたので、スプーンとしての機能も持つ

2019年9月2日に発売されたばかりだが、反応は良好だという。使い捨てではなく使い続けることができる製品だが、「環境に配慮しながらも、洗練されたデザインが評価されている」と実感しているという。「単純に『使いたい』『持ち歩きたい』という声も多くいただいております」(菊地さん)

(文 北本祐子)

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧