自宅で使う脱プラ・ストロー3選 モノとしても魅力的

口当たりもいい竹ストロー

竹でできた「バンブーストロー」。8本セットが税別780円

2つ目に紹介するのは「竹」のストローだ。

和紙を使った新素材アンダーウエアで話題になったブランド「アンダーソン アンダーソン(UNDERSON UNDERSON)」を企画・運営するマッシュスタイルラボ(東京・千代田)。同社の代表取締役社長 近藤広幸氏が出張で出かけたタイで見つけたのが、「バンブーストロー」だった。

「プラスチックストローの代替品として紙ストローを使用したときに、課題となるのが結局ごみになることでした。その点、繰り返し使える竹のストローはサスティナブル(持続可能)なので非常にメリットが大きいと考え、発売を決定しました」(マッシュホールディングスの牧野霞さん)

竹製のストローは軽くて強度もあるので持ち運びも可能だ。「紙製ストローの場合、材質に影響されて飲み物の味が変わったと感じることもありますが、バンブーストローは影響が少なく、口当たりがいいのも利点です」と牧野さん。発売直後から店頭で品薄になり、ネットでは完売状態が続くほどの人気に。

口当たりの良さも人気の理由だという

「ご自身で使う方だけでなく、ギフトとして購入される方も多いようです」(牧野さん)。年齢、性別、国籍に関係ない、幅広い関心の高さを実感しているという。

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
洗練されたアルミストロー
MONO TRENDY連載記事一覧