自宅で使う脱プラ・ストロー3選 モノとしても魅力的

プラスチックを使っていない「脱プラ」ストロー3製品を紹介する
プラスチックを使っていない「脱プラ」ストロー3製品を紹介する

世界中で大きな動きを見せている、プラスチックごみの削減。その一つのきっかけとなったのがストローだった。2015年、米国の調査チームが南米コスタリカ沖で鼻にストローが刺さったウミガメを発見。そのストローを引き抜く動画がネットに公開されて話題になった。

さまざまなホテルや飲食店がストローをプラスチックから別の素材に変える動きを見せているが、個人でもプラスチックではないストローを手に入れることは可能だ。日本国内で販売されている3製品をピックアップ。それぞれの特徴を解説する。

ノベルティーにも使われる紙ストロー

紙のストロー「Choose」。1箱12本入り税別390円(無地は290円)

最初に紹介するのは「紙」のストロー。

紙ストロー「Choose」を開発したのは1981年創業の印刷会社、ホクビ(本社:石川県野々市市)。同社は歯ブラシのプリント技術で特許を取得。2015年に歯ブラシの自社オリジナルブランドを立ち上げ国内外で販売してきた。この歯ブラシに関して、2年ほど前から、欧米のバイヤーより「プラスチックに代わるエコな歯ブラシや商品がないか」という問い合わせが急増。様々な素材での歯ブラシ作りの研究・開発を進めてきたという。

歯ブラシの開発は、耐久面で課題があり、まだ完成していないが、その過程で、生まれたのが紙ストロー「Choose」だった。

素材には医療用の高品質な未さらしクラフト紙を使用。紙ストロー完成後に独自の熱処理工程を実施することにより、従来品よりも2倍の硬さと、24時間水に浸しても問題なく使える耐久性を実現した。

「Choose」で注目したいのは、ストローへの印刷だ。ホクビの佐藤優子さんによると、従来の紙ストローはすでに印刷された紙をらせん状にまきつけて製造するため、スパイラル模様のデザインしか作れなかったという。しかし、同社は完成した紙ストローに360度自由に印刷できる技術を開発した。

「その結果、縦方向への長い文字といったデザインも選べるようになり、環境保全に対するメッセージやコーポレートロゴも印刷可能になりました。従来よりもはるかに少ない500本から印刷できるため、ホテルやカフェだけでなく、イベントなどのノベルティーとしても採用していただいています」(佐藤さん)

Chooseは企業やイベントのノベルティーとしても活用されている

2019年2月に業務用のオリジナル紙ストローを発売。消費者向けにも21種類(うち1種は無地)を用意し、東急ハンズ渋谷スクランブルスクエアや全国の雑貨店などで販売している。