「特別」と言える事例ではありません。A君にとってもこのアルバイトは「生活のためのもの」で、彼のガクチカは部活動でした。面接後、私は彼と個人面談をしたのですが、冗談半分で「そのマニュアル見せてもらえるかな?」と聞いたら、実際にカバンから出して見せてくれましたので、この話は真実だろうと判断しました。このA君、もちろん合格となりました。

私が評価したのは、A君の成果というより、彼の思考と姿勢です。仮にA君の取り組みが望ましい結果に結びつかなかったとしても、何の問題もないと思います。諦めずに続けるスタンスが素晴らしいからです。逆にそのスタンスが正しかったから、成果も出たと思います。

それでも、何から何までこんなふうに取り組んでいては疲れ切ってしまうので、ひとつのことで結構です。つまり、すべてにおいて全く何も感じず、考えず、ただ漫然とこなすことだけは避けてもらいたいのです。

実際には、何も感じない、何も考えないで過ごすのはかなり難しい。勉強にしてもアルバイトにしても「だるいなぁ」「つまんないなぁ」「意味が分からないなぁ」「どうにかなんないかな、これ」なんて、よく思っていませんか? 実はそれがスタートなのです。そして次に大事なのが発想の転換です。

自分が思った負の感情に対して、「逃げる」「諦める」のではなくて、「改善」を考えてみましょう。好ましくない状態を少しでも良くするということです。自分にとってプラスこそあれマイナスはありません。

例えば、アルバイトをすると次のように感じることは日常茶飯事でしょう。「どうやったら、早く終われるか(無論、ズルしたりごまかしたりするのではなくて)」「どうしたら作業をもっと正確、きれいにできるのか」「もっとお客さんに喜んでもらいたい」「もっと時給を上げてほしい」……。そんな感情をきっかけに考えたことを、実行してみてほしいのです。うまくいけば継続し、だめだったら別のトライをしてみればいいのです。

ここで改めて強調しますが、この対象はガクチカである必要はありません。個人的には、むしろガクチカではない方がよいとすら思っています。「ガクチカをアピールしよう」と書いている対策本や、そうおっしゃるセミナー講師はたくさん存在しますが、私は正直、懐疑的です。

だって、自分が好きなこと、熱中していることなら、一生懸命やるのは当たり前。むしろ、本人にとって、何てことはないこと、特に思い入れのないことでも、上記のようなプロセスで取り組むことができたと説明した方が、ポイントは高いと思っています。そしてこのプロセスは、会社に入ってからの仕事にそのまま通じます。

どんな仕事にも正しくアプローチ

入社したてのころの仕事は、基本的に「与えられるもの」であり、本人の希望や適性は関係ないことが多々あります。「自分が好きではない仕事を与えても、この社員はちゃんとやってくれる」という信頼感はとても重要です。好きな仕事なら一生懸命やるけど、そうじゃない仕事になったらちゃんとやらない、それどころか辞めてしまうかもしれない人を採用したいなんて思う企業は、恐らくありません。

このプロセスができる学生さんなら、会社に入ってからも同じように取り組んでくれるだろう、と企業が期待できるのです。常に成果を出し続けるなんてことは無理ですから、結果を出すことの前に、正しいアプローチを継続できる人を会社は求めます。

正しいアプローチとは、真摯にその仕事に向き合い、自分でPDCAサイクルを回していくことです。現状を把握して何らかの策を考え(Plan)、実行し(Do)、その結果を検証・分析し(Check)、改善する(Act・Adjust)。これを継続できる人であれば、成果も安定的に出していける確率が高いのです。

仕事は毎日あります。しかし、すべてがドラマチックということはなく、当たり前のことや苦手なこともたくさんあって、それをきちんと一つずつやっていくことが大事です。部活もそうですよね? 毎日、試合があるわけではなくて、地道で苦しい練習の積み重ねですからね。仕事も全く同じです。

このようにして取り組んできたことを自らの「学び」として、そのままエントリーシート(ES)や面接で表現すればいいと思うのです。それは「平凡」ではなくて、「凡事徹底」という一つの立派な武器です。それができるのは「ただの」普通の人ではありません。「会社が期待できる人」になるのです。ゼミでも、部活でもサークルでもアルバイトでも、どれか一つでいいですから、始めてみてください。

私は静岡県にある創業218年の総合物流会社・鈴与で8年間採用に携わり、2019年からグループのフジドリームエアラインズに移りました。採用のほかに研修なども担当しています。今回から「人事部の視点」の執筆メンバーに加わりました。私の経験が少しでも将来を考える皆さんに役立てばと思っていますので、引き続きよろしくお願いします。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束