就活で聞かれる「挫折経験」 答え方にはコツがあるホンネの就活ツッコミ論(101)

石渡嶺司 大学ジャーナリスト

石渡嶺司 大学ジャーナリスト
写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

「就活は無理ゲー」。

就職活動シーズンになると、毎年のように各交流サイト(SNS)に出る就活生の嘆きです。「無理ゲー」とはネットスラングで「無理なゲーム」の略。「無理難題」くらいの意味です。

就活の取材を始めた当初の私はこうした書き込みを軽視していました。しかし、取材が進むにつれて、エントリーシートにしろ、面接にしろ、「確かに『無理ゲー』だな」と思う設問や質問が見えてきました。その代表格が「あなたの挫折(失敗)経験を教えてください」です。

この設問・質問を巡り、企業側の意図と学生の回答は往々にしてすれ違います。一体どうしてでしょうか? そして、就活生はこの「無理な」質問にどう向き合えばいいのでしょうか?

実際、2月から4月にかけて就活生からの相談を受けたり、エントリーシートを添削したりしていると、しばしば「挫折」や「失敗」などに関する設問について聞かれます。

「挫折経験を書け、とあるけど、どこまで書いたらいいか、わからない」

「失敗談って、大学受験の話だとダメですか?」

「『これまでに一番悲しかったこと』と設問にありますが、ここから何を見たいのでしょうか?」

「学生時代に頑張ったこと」のお題に対してもこれと似た質問をよく受けます。「これまでそんなに頑張ったことってないです。何を書けばいいですか? 一番、というなら大学受験になるのですが」という具合です。

■「挫折や失敗」を書けと言われても悩むのは当然

20年ちょっとしか生きていないのに、そんな大きな話、あったっけ?と就活生の多くが考え込んでしまうのも無理はありません。

そこでまず、大学受験や高校時代の勉強、高校受験などを持ち出そうとします。しかし、これは就活生本人が引っ込めるか、大学キャリアセンターの添削などではねつけられます。理由は簡単で「それ、みんな苦労してますよね」。

となると、残りは、「家族や身内、ペットが亡くなった」「いじめを受けた」「部活でレギュラーから外れた」「アルバイト・サークルで失敗した」といったところです。この中で多さから言えば「家族・身内・ペット」か「いじめ」でしょうか。

ところが、これも企業が求める回答ではありません。では、どうしたらいいのでしょうか。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ