iPhone 11どれを選ぶ? 標準仕様でも機能は十分戸田覚の最新デジタル機器レビュー

左から、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11
左から、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11

2019年もiPhoneの新モデルが登場した。リリースされたのは3種類だ。比較的手ごろな価格で中級クラスの「iPhone 11」、高性能で高価な「iPhone 11 Pro」とさらに大画面の「iPhone 11 Pro Max」となる。前モデルのiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxと同じ位置づけの3機種のラインアップだ。

iPhone XRとiPhone 11はサイズはまったく同じで、ディスプレーも変わらず、カメラが1つから2つへと進化したのが大きな違いだ。一方、iPhone XS/XS MaxからiPhone 11 Pro/11 Pro Maxはかなり大きく変わっている。本体サイズは微妙ながら変わり、バッテリー駆動時間が長くなっている。また、カメラが2つから3つに変わり、ディスプレーもさらに明るさを増している。

iPhone 11はややマイナーチェンジに近く、iPhone 11 Proはフルモデルチェンジに近いと考えてもいいだろう。

Proシリーズは重量級だ

最近の高級スマートフォンは、前面だけでなく背面にもガラスを採用するケースが増えている。さらに、側面には金属が採用されるので全体に重量が増している。iPhone 11シリーズもヘビー級だ。しかも、iPhone 11 Proは前モデルに比べるとサイズも微妙に大きくなっている。

大きさの順に並べてみた。左からiPhone 11 Pro Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro。iPhone 11 Proはコンパクトで持ちやすい

女性にも持ちやすいiPhone 11 Proはディスプレーサイズ5.8インチで188グラム、iPhone 11は6.1インチで194グラム、iPhone 11 Pro Maxは、6.5インチで226グラムだ。iPhone 11とiPhone 11 Pro Maxについては、サイズが大きすぎると感じている人もいるので、購入前にはぜひ店頭で持ち心地を試していただきたい。サイズが大きくても、キーボードをカスタマイズするなどの工夫で、片手で操作することは可能だ。だが、持ち続けるのがややつらいと感じるケースもありそうだ。

デザインにも大きな違いがある

iPhone 11シリーズは、すべて背面を1枚のガラスから切り出しており、複雑な造形のカメラ部分も一体化した仕上げになっている。これは非常に美しく、まるで工芸品のようだ。このあたりが、コストを抑えることを重視している安価なスマホとの最大の違いだ。

Androidスマホは、背面のガラスの裏面にフィルムを貼り付けるなどの方法で、グラデーションを表現したり、光が当たると金属のような反射したりするように工夫している。だが、iPhone 11を見てしまうと、どれも派手すぎて逆にチープに感じてしまうだろう。iPhone 11 シリーズはシックながらも、間違いなく高級感が伝わってくるはずだ。

なお、iPhone 11 Proは背面がつや消し仕上げで、カメラ部分がツヤあり。iPhone 11は、背面がツヤありで、カメラ部分をツヤなしにしている。また、本体サイドもステンレスとアルミという違いがある。iPhone 11 Proシリーズはシックなカラーが多く、iPhone 11はポップな色合いも用意する。

iPhone 11 Proシリーズは背面がつや消しの曇りガラスになっている
iPhone 11はガラスにつやがあり、カメラ部分がつや消しだ

ボディーサイドは左のiPhone 11がアルミで右のiPhone 11 Proがステンレスだ
MONO TRENDY連載記事一覧