チューダー、銀座に初の路面店 ラグビーW杯モデルも

2019/9/14
ブランドカラーの黒と赤を基調にしたデザインのチューダーブティック銀座(東京・中央)

高級時計の「TUDOR(チューダー)」は9月14日、日本初の路面店を開設する。店名はチューダーブティック銀座(東京・中央)で銀座並木通り沿いに位置する。ブランドカラーの黒と赤を基調にした店舗デザインにした。売り場面積は75平方メートル。チューダーは2018年秋に日本に本格進出し、現在百貨店などに10店を展開する。銀座ブティックは旗艦店となる。




チューダーは20日に開幕するラグビーワールドカップ日本大会のオフィシャルタイムキーパーを務め、23人のレフェリーにはチューダーのクロノグラフ「ブラック ベイ クロノ」が提供される。

ブラックベイ クロノ ダーク ケース:直径41mm、スチール製ケース、200m防水 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ約70時間 税別価格:58万3334円 1181個限定

ラグビーW杯に合わせて記念モデル「ブラック ベイ クロノ ダーク」を発売する。チューダーとパートナーシップを結ぶニュージーランド代表ALL BLACKS(オールブラックス)にちなんだモデルで、代表選手がアンバサダーとして身につけている「ブラック ベイ ダーク」にクロノグラフ機能を搭載した。価格は税別58万3334円で1181個限定。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019