powered by 大人のレストランガイド
「スパイス食堂サワキチ東京築地店」の「豚骨麻婆麺」

スパイス食堂サワキチ東京築地店

<麻婆麺で東京に殴り込み。大阪がシビれた人気店>

18年12月に大阪・心斎橋の地に産声を上げた「スパイス食堂サワキチ」。

関西圏においてはいまだ珍しい存在である「麻婆麺」を看板メニューに掲げ、瞬く間に浪速っ子からの絶大な支持を獲得。19年4月24日には大阪・東梅田に2号店を出店し、その僅か1カ月半後の6月8日に都内へと進出。

1号店がオープンしてから約半年での東京出店は、まさに破竹の勢い。店内で飛び交う威勢の良い関西弁が、まるで同店の勢いの良さを象徴しているようだった。

1号店開店から約半年で東京に進出した

同店が提供する麺メニューは4種類あるが、初訪問時に召し上がっていただきたい基本メニューは、「豚骨麻婆麺」。

豊潤でコクのある濃厚豚骨スープにおびただしい分量の麻婆豆腐をオンする構成は、既に麻婆麺が市民権を獲得しつつある都内においても中々レア。通常、麻婆麺は鶏ガラや煮干しからだしを採ったあっさり系スープに麻婆をぶっ掛けるのが定石だ。そこを、あえて引きが強い濃厚豚骨スープと合わせることで、「サワキチ」ならではのオリジナリティーをキッチリと確保している。

麻婆と豚骨スープは共に個性が強いので、丼の中でうま味がケンカするのではないかと思われるかもしれないが、そんな心配は全くの杞憂(きゆう)。同店の豚骨スープは豚特有の臭いを徹底的に抑え込み、最大限の甘みとコクを演出したもの。むしろ、ほのかな甘みが麻婆の辛みを一層引き立たせ、深みのあるコクが麻婆のうま味を増幅させる役割を担っている。

麺についても、押さえどころをしっかりと押さえている。鏡面のように滑らかな麺肌が拾い上げる麻婆&スープの分量は、思わず驚きの声を上げそうになるほどドッサリ。麻婆豆腐の生命線でもある豆腐とひき肉の大きさも、物足りなさを全く感じさせない。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド