MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

暑さにも日差しにも負けない 夏のドライブ快適グッズ

2019/7/2

夏はレジャーも豊富で楽しい季節。ドライブに出かけるだけでも爽快感もあり楽しいものだ。しかし、夏のドライブは日差しとの戦い。エアコンを入れていても差し込む日差しは不快感を通り越して痛いと感じるレベルだ。そんな夏のドライブを快適にたもつアイテムを紹介する。

■メッシュ地から空気が噴き出して快適なドライビングを提供

ケーワイプラザ クールシート 
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kyplaza634s/cs01.html

夏場の運転で不快なものの一つがシートが汗ばむことだ。後部座席にはバスタオルを敷くなど対応もできるが、運転席は安全性もあるので安易な対策グッズが使えないのが課題となる。

ケーワイプラザの「クールシート」(税込み4980円)は、シートにかぶせるように装着する送風機能つきメッシュシート。背中と座面からファンによって送り込まれた空気が吹き出して、シートと体が触れている部分の湿気を吹き飛ばしてくれる。不快感を和らげてくれるので、その分運転に集中できることだろう。

■日焼けを防ぎ、ヒヤリとした冷感効果のアームカバー

最近ではUVカットガラスを採用する車種も増えてきたが、使用するガラスによって遮断率も異なり、効果もマチマチだ。そして紫外線はカットできたとしても、赤外線などの熱を防ぐことはできない。

3M クールアームスリーブ 
https://www.amazon.co.jp/dp/B06XXBQGNP/

3Mの「クールアームスリーブ」(税込み1280円、2019年6月28日時点)は、UVカット「UPF 50+」の性能を持つアームカバー。いわゆる腕カバーだが、吸汗速乾性能があり、着用時の冷感効果もある。UPF 50+は、紫外線遮蔽率に換算すると90%以上の最上位クラスのもの。夏場の運転時に、片腕だけ日焼けするのを防ぐなど、地味に役立つアイテムだ。自分の車は紫外線対策しているという人でも、他の車に乗る場合や車から降りて屋外でレジャーを楽しむ場合には必要になるかもしれない。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL