夏の外遊びにGO 水陸両用、走れるシューズサンダルこの夏履きたい高機能サンダル(下)

シューズとサンダルの「いいとこ取り」をしたシューズサンダル3モデルを紹介
シューズとサンダルの「いいとこ取り」をしたシューズサンダル3モデルを紹介

一口にサンダルといっても、以前と異なり、素材や構造にさまざまな工夫を凝らした製品が登場している。2019年注目のサンダルを取り上げる特集、第3回は靴のような感覚で履ける「シューズサンダル」。アッパーが足全体を覆い、かかとまで固定されているため、走れるほど足にフィットし、アウトドアアクティビティーにも対応する。サンダルというだけあって水抜けがよく、海や川に入ることも可能で、沢歩きや河原でのバーベキューなどにも最適。水陸両用で使い勝手がよく、シューズとサンダルのいいとこ取りといえる3モデルを紹介する。

靴内部に入った水を効率的に排出

メレル「CHOPROCK SHANDAL」(1万3000円、税別※以下同)

長年にわたり水辺で遊ぶためのシューズを展開し続けてきたメレル。2019年春夏の新作となる「CHOPROCK(チョップロック)」シリーズにも、そのノウハウが蓄積されている。

靴内部に入った水を、ミッドソール側面から排出する独自技術「ハイドラモーフ」を採用。インソールとミッドソールに排水孔を設けることで、すばやい水抜けを実現している。通気性のよいアッパーは速乾性にも優れた素材のため、水の中に入ってもすぐに乾く。

インソールとミッドソールの排水孔から、靴内部に入った水を排出する仕組み

アウトソールにはイタリアの靴底メーカー、ビブラム(Vibram)社製の「ビブラム メガグリップ」を採用し、ぬれた路面でも滑りにくい。ハイキングシューズとウオーターシューズの機能を融合した、さまざまなアウトドアアクティビティーに対応する1足となっている。

メレルでは、シューズとサンダルの特性を兼ね備えた靴タイプのサンダルを「シャンダル」とネーミングして展開中。「シャンダルの需要は、ここ数年で一気に増加している」(メレルを展開する丸紅フットウェアのブランドマーケティング事業部PR、田中祐介氏)。沢や川でのアクティビティーを楽しむユーザーからの支持が非常に高く、岩場で釣りをする人たちからも好評だという。安全面が評価され子ども用のシャンダルも売れているそうだ。

「今期のCHOPROCKシリーズの受注は、前身となるTETREXシリーズと比べて約140%増」(田中氏)。家から履いて出られて、そのままハイキングも沢遊びも安全にでき、すぐに乾くため快適に帰宅できる。この便利さも人気の理由だろう。

スリット入りアッパーが快適

モンベル「キャニオンサンダル」(4200円)

2014年春夏に初めて登場した「キャニオンサンダル」。当時のモンベルには、かかとや甲をしっかりホールドできるサンダルがなかったが、カヤックガイドやモンベル愛用者からの「脱げにくいサンダルを作ってほしい」との要望を受けて発売したという。

MONO TRENDY連載記事一覧