ホントは怖い「一見、いい人」 元陸自心理教官の教え元自衛隊心理教官の下園壮太さんに聞く(上)

日経Gooday

心理カウンセラーの下園壮太さん
心理カウンセラーの下園壮太さん
日経Gooday(グッデイ)

「いい人なのだけど、なぜか疲れる、イライラする」――。こんな「一見、いい人」は、あなたの周りにいないだろうか。人当たりが良く、取り立てて欠点も見当たらない「いい人」だけに、あなたが抱いている負の感情を周りに共感してもらえず、自分が消耗してしまう。こんな対人ストレスのメカニズムを著書『「一見、いい人」が一番ヤバイ』で解き明かしたのが、自衛隊で長く「心理教官」を務め、退官後は一般の人を対象に心理カウンセラーとして活動する下園壮太さん。一筋縄ではいかない人間関係をどう受け止め、対処すればいいのか、日経Gooday編集部が下園さんに聞いた。

◇  ◇  ◇

編集部:下園さんが3月に出された著書『「一見、いい人」が一番ヤバイ』(PHP研究所)を拝読しました。「付き合っているぶんには感じが良くて、仕事は任せてくれる『いい人』だけど、何かトラブルが起こると責任を逃れようとする上司」「志は立派だけど、過去の自分の経験から過剰な頑張りを部下に要求する上司」「聞き上手で悩みの相談に乗ってくれるけれど、周囲に言いふらしかねない先輩」「一見親切でやたらとモノをくれるけれど本音が怖い友人」――。身近な環境を見回せば、きっと誰もが思い当たるようなケースがたくさんありました。こういった「一見、いい人」という人物像をテーマにされようとしたきっかけはどこにあったのですか?

下園さん:実は、編集者から「このテーマで執筆していただけないか」という提案をいただいたのです。「一見、いい人」というフレーズを聞いたとき、最初私は、カウンセリングでよく出会う「いい人ほどいろいろな気遣いをし、社会の中で消耗していく」というテーマだと思いました。

しかし、具体的に編集者の話を聞いていくと、それだけではないようなのです。「見るからに悪い人と違い、『一見、いい人』との付き合いが難しい」というのです。第一印象が良くても、次第に嫌な面が見えてくる。しかし、相手が「一見、いい人」だから責めにくく、ほかの人からも「あの人が苦手」という気持ちに共感を得られにくい。そして、疲れたりイライラしたりする自分のほうがおかしいのかな、と悩んでしまう。そういった悩みを持つ人が多いように感じるので、このテーマを掘り下げてほしい、というオーダーをいただいたのです。

編集部:なるほど、普通の人間関係よりも、ひねりがある捉え方ですね。しかし、分かります。「最初はいい人だ」と思っても、付き合っているうちに、困ったところ、苦手なところが見えてくる。けど、人当たりも柔らかく、周りともうまくやっているから、共感が得られず、モヤっとする。確かにありますね。

下園さん:そうなんです。実際に周囲にも聞いてみたところ、「いる、いる」「困るよね」というリアクションが多かったのです。カウンセリング現場を振り返ってみても思い当たることが多い。

そこで、改めて私が日々接しているクライアント像を捉え直してみました。確かに、最初に連想した「いい人で周囲に配慮しすぎて消耗し、うつ状態になる」という人は多いのです。これを「パターン1」とします。

その一方で、「優秀で業績もあげているような人のそばにいて、苦しんでいる。こちらが『苦しいのなら、あなたがその人から離れる、という方法もあるのでは』と提案してもなかなか離れられず、うつ状態になる」という人もけっこういることに気づきました。これを「パターン2」としましょう。

パターン1はいわば王道。対処法についても、これまでの著書でたくさん発信してきました。しかし、パターン2の人には「現代の病理」が色濃く映し出されているし、本人にとって分かりにくいぶん、重症化しやすいという特徴があるのです。

「一見、いい人」に悩むのは現代社会の病理

編集部:ここ10年ほどで、スマホやSNSが当たり前になって、人とのつながり方も大きく変わってきたと思います。そのせいもあってか、過度に「空気を読む」人も増えている、言い換えると同調圧力が高くなっているようにも感じます。また、世の中全体に「許容度」というべきものが減っているように感じる人も少なくないでしょう。これらと、今おっしゃった「現代の病理」とは関係があるでしょうか。