実は怖い「一見、いい人」 疲れたら「離れる」が鉄則元自衛隊心理教官の下園壮太さんに聞く(下)

日経Gooday

元自衛隊心理教官の下園壮太さん
元自衛隊心理教官の下園壮太さん
日経Gooday(グッデイ)

「いい人なのだけど、なぜか疲れる」、こんな「一見、いい人」はあなたの周りにいないだろうか。人当たりが良く欠点も見当たらないため、自分の感情を周りに共感してもらえず、自分が消耗してしまう――。こんな対人ストレスのメカニズムを著書『「一見、いい人」が一番ヤバイ』で解き明かしたのが、自衛隊で心理教官を務め、退官後は一般の人を対象に心理カウンセラーとして活動する下園壮太さん。最終回となる今回は、一筋縄ではいかない人間関係をどう受け止め、どう対処すればいいのか、下園さんに聞いた。

◇  ◇  ◇

編集部:第1回「ホントは怖い『一見、いい人』 元陸自心理教官の教え」では、「一見、いい人」に悩む人のメカニズムを、そして、第2回「実は怖い『一見、いい人』」 職場で逃げられない理由」では、「一見、いい人」に悩んでいる人は、その人からなぜ逃げられないのか、そしてどんな人が「一見、いい人」に悩むのかを下園さんにお聞きしました。最終回となる今回は、「一見、いい人」に悩んでいる人は、人間関係をどう受け止め、どう対処すればいいかをお聞きしたいと思います。

下園さんの著書の中で、「一見、いい人」に悩み続ける人の心には、「消耗苦」「警戒苦」「自己嫌悪苦」の3つの感情が湧き上がり、やがて疲れ切った人はうつ症状になることもある、と書かれていました。なかでも、「自己嫌悪苦」、つまり「自分を責める気持ち」は、うつ状態のときに特徴的に出てくる感情であり、カウンセラーにとって扱いの難しい感情ランキングの第1位だと。自責感情は、特に慎重に取り扱うべき感情なのですね。

下園さん:そうなんです。自分を責める気持ちは、とてもデリケート、かつ「かたくな」です。心にアプローチをするときに重要なのは、「直接、傷に触らない」ことなのです。ところが、通常、人は誰かが「つらい」と訴えていると、なんとかしようとして、直接その傷に触ろうとします。「こうすればいいんじゃない?」「考えすぎじゃない?」「思い出してごらんよ、今までだってこうだったじゃない」というふうに。

でも、今、問題そのものを考えようとしても、過去を思い出しても、当人にはネガティブな側面しか見えてこないのです。だから苦しんでいるのです。私が基本としているやり方は「傷は最後に触りましょう」です。

編集部:なるほど、傷に触れるのは最後、なのですね。では、下園さんは悩んでいる人に、どんなふうにアプローチされるのですか。

下園さん:苦しい対象の人物がそばにいる限り、怒りや不安の感情は立ち上がりやすい。だから、まず「離れてください」。疲れがたまっているかもしれないから「寝てください」。そして、エネルギーを回復するために「食べてください」。優先順位としては、「離れる」「寝る」「食べる」です。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント