お笑い×アイドルの吉本坂46 つらいことも全部ネタに

日経エンタテインメント!

乃木坂46、欅坂46に続く、秋元康プロデュースによる坂道シリーズの第3弾として誕生した「吉本坂46」。吉本興業グループに所属するタレントを対象に2018年2月から選考がスタート。半年にわたるオーディションで46人のメンバーが選ばれ、同年12月26日に『泣かせてくれよ』でメジャーデビューした。6次にわたる審査やミュージックビデオ(MV)撮影など、メンバーたちは芸人の仕事と両立させながら取り組んできた。代表して、ゆりやんレトリィバァとはんにゃの金田哲に、デビューまでの約10カ月を振り返ってもらった。

ゆりやんレトリィバァ(左)1990年11月1日生まれ、奈良県出身。NSC大阪校35期生。17年にNHK上方漫才コンテスト優勝。金田哲(右)1986年2月6日生まれ、愛知県出身。05年に川島章良とはんにゃを結成。相方も吉本坂メンバー(写真:中村嘉昭)

――アイドルとしてのオーディションはいかがでしたか。

金田 ものすごい緊張感でしたね。僕は秋元康さんが実在するのかを確かめたくて、応募しました。

ゆりやん 私は子どもの頃にモーニング娘。に入りたかったんです。劇場に吉本坂のポスターが貼られたのを見て、「アイドルにもなれたら夢が2個かなえられるやん」と思って挑戦しました。

金田 オーディションではやっぱり周りが芸人ばかりだから、張り詰めた空気のなかでもみんなくだらないことをやろうとするんですよ。もう笑いをこらえるのが大変。平成ノブシコブシの吉村さんは、歌っている途中で笑ってしまって、2次で落とされました。

ゆりやん あの吉村さんがですか? 私も普段からネタ見せオーディションとかで慣れているはずなのに、それでも緊張しました。

金田 水着審査も面白かったね。ほとんど写真を使った大喜利。

ゆりやん 他の方のを見るのも楽しかったです。最終面接は本当にドキドキして。秋元先生の前で歌う時に、「プリンセスプリンセスの『XL』、あっ、『M』でお願いします」って言おうと決めてたんですよ。でも急に音が流れ出して、めちゃくちゃテンパりました。

金田 僕は最終審査でパンサーの尾形さんと一緒だったんだけど、尾形さん何を思ったのか、秋元先生に菓子折り持ってきたの。

ゆりやん はははは!

金田 ピキーンってとんでもない空気になって。尾形さん、ウルフルズの『バンザイ』を歌ったんだけど、最初の「♪イェーイ 君を」が全然歌えなくてボロボロ。でも受かってました。

楽屋では健康かお金の話ばかり

――お2人は16人の選抜メンバーに入りました。そのグループ分けについてはどう思いましたか。

金田 全員最初は戸惑ってたよね。

ゆりやん でも曲を聴かせていただいてから、納得できました。

金田 選抜メンバーは哀愁とか人間力。若手中心のダンス選抜はカッコ良さ、3人ユニットはコミカル、ベテランユニットは大人の魅力って、色がちゃんと分けられててね。個性が強すぎてサーカス団に近いけど(笑)。

ゆりやん 選抜メンバーは平均年齢が高いのでほんわか。全くピリピリしていないんですよ。

金田 本当、楽屋では健康かお金の話ばかりですからね(笑)。

エンタメ!連載記事一覧