門脇麦、難役に挑戦 魂吹き込んだシンプルな衣装

シンプルな服から役をつかんだ、主演映画『チワワちゃん』

2019年1月18日公開の主演映画は「チワワちゃん」。90年代を代表する漫画家・岡崎京子さんの短編を、26歳の新鋭・二宮健監督が現代を舞台に移して映画化した作品だ。門脇さんは、バラバラ死体で見つかった遊び友達「チワワちゃん」の在りし日の記憶をたどる主人公・ミキを演じている。

門脇麦さん演じるミキ(右)と吉田志織さん演じる「チワワちゃん」(左)(C)2019『チワワちゃん』製作委員会

「ミキはチワワの話をみんなに聞いて回るシーンはたくさんあるのですが、自分のことを語るシーンがほとんどないんです。キャラクターが強い役が多い中で、一番、個性が浮かび上がらない役。どう作っていったらいいか分からなくて、脚本を読んでも探りきれず、難しい役でした。

助けになったのは、衣装です。ミキはクラブで遊んでいる華やかな人なので、衣装合わせでは最初、柄モノのワンピースとか、派手な服ばかりを合わせてたんです。でもどれもしっくり来なくて、これも違う、あれも違う、となかなか決まらなくて。髪形も、かつらをかぶってみようとか、とにかく迷走していって、結局、衣装合わせに2日かけました。

そうして最後にたどり着いたのが、白いTシャツにパーカーを羽織るという、シンプルなスタイルだったんです。こういうふうに着飾らなくてもクラブに行けるということは、ミキは自分に自信があるというか、自分の中には核があると自分で思っているということ。だからチワワちゃんが現れたときに、自分の場所を取られるかもしれないと焦りを感じたり、悔しく思ったりという感情が生まれる。その衣装から役の本質みたいなものがようやく見えた気がして、衣装の大切さを改めて実感しました」

シンプルなVネックにアクセサリーをポンッと1個するのが、おしゃれ上級者らしくて。シンプルだけどオシャレはちゃんとしているっていうバランスに気をつけて、ミキの衣装やアクセサリーを選びました

完成した映画からあふれるのは、刹那の青春を生きる若者たちの強烈な光と影。特に夜の町で騒いで、踊って、恋をして、エネルギーを発散させるきらびやかなシーンが印象的だ。

「原作は90年代の話ですけど、人間が抱える感情は、今も変わらない。この映画を見て、若者の虚無感や孤独は普遍的なものなんだなと改めて思いました。あと、私たちが『本番!』と言われて必死に遊んでいたシーンが、出来上がってみると胸に迫るというか。例えばチワワちゃんが真ん中に立って踊るシーンなんかは、現場で見ていても輝かしくて泣けました。若さの爆発も感じるし、みんな今、このときしかない時間を過ごしているんだなぁって……。監督の編集の力もあって、想像していたよりも感傷的になる作品でした」

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧