見映えの究極は「自然体」 至高のスーツブランド競演「見た目がいい」の理由を探る

MEN’S EX

2018/9/21

[ ベストシンプルスーツ #3 ]

ニット6万9000円、チーフ1万6000円/以上エトロ(エトロ ジャパン) 3. 胴裏には、エキゾチックなペイズリー柄のシルク地を用いている。端正な仕立てのスーツシルエットとの対比に、洒脱な遊び心が滲む。

大人こそ“心に響く色”を素直に着るべきだ
■ETRO/エトロ
色の利いた服は成熟した大人のほうが見映えがする。なのに成熟するにつれ、無難へと流れていないだろうか。職人の手仕事を駆使して仕立てられるエトロの上級スーツコレクション「サルトリア・フェリーチェ」の一着は、そんな大人のお洒落心を鮮やかに呼び覚ましてくれる。色はエンジのようで、よく見るとブラウンやサックス、朱色が入り交じった奥深い柄色とわかる。これぞ“心に響く”美色である。 スーツ39万円(エトロ ジャパン)

[ ベストシンプルスーツ #4 ]

シャツ5万4000円、タイ2万8000円、チーフ1万7000円、シューズ〈参考商品〉/以上ラルフ ローレン パープルレーベル(ラルフ ローレン) 4. パンツはベルトレスでサイドアジャスター付き。ビスポークを彷彿させる仕様が、英国クラシック然とした見映えにマッチしている。

上等な素材、端正な作り、凜とした佇まい。スーツのあるべき姿がここにある
■RALPH LAUREN PURPLE LABEL/ラルフ ローレン パープル レーベル
上質で、真っ当なスーツが着たい。そんな願いを抱くなら、ラルフ ローレンの最上級レーベルたるここに頼れば間違いがない。チョークストライプのピッチでピンストライプが並ぶこちらのスーツは、構築感のあるショルダーラインと相まって、英国クラシックの力強さが色濃く漂う一着。他方、ウールカシミヤコットンの生地は極めてしなやか。美しいドレープが、一段上のクラス感をもたらしてくれる。 スーツ57万5000円(ラルフ ローレン)

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019