MONO TRENDY

Bizギア・フラッシュ

TUMIビジネスリュック サイズ違いで多用途に対応 特集 人気3ブランド 秋の注目ビジネスリュック(中)

2018/9/18

TUMIの新作リュックから注目モデルを紹介する

ビジネスバッグの選択肢として当たり前になったビジネスリュック。人気ブランドごとに注目モデルを紹介していく。第1回のポーター(記事「ポーターの注目ビジネスリュック 軽く丈夫でシンプル」参照)に続いて取り上げるのはTUMI(トゥミ)。今回紹介する2018年秋冬シーズンの注目ビジネスリュックは、サイズやデザインの幅が広いのが特徴になっている。

「高い機能性はそのままにサイズ感にこだわった」というのは、トゥミ ジャパンAD/PR/SPオフィサーの石井清美氏。従来のリュックサイズのものに加え、荷物が少ないビジネスパーソンが増えている背景からコンパクトなモデルも展開。「より自分に合ったリュックを選べるようになっている」という。

■収納性抜群! 出張にも使える大容量モデル

TUMI「ALPHA BRAVO 『ティンダル』ユーティリティ・バックパック」(6万5000円、税別※以下同) サイズ:W30.5×H45.5×D18cm

18年秋冬シーズンの新作の中で、荷物が多い人向けに作られている大容量モデルが「『ティンダル』ユーティリティ・バックパック」。「発売以来、大きなバックパックを探されている方に支持されています」(石井氏)

収納性が非常に高く、メインコンパートメントのほかに、独立したPC収納コンパートメントを背面に備える。PC収納部にはタブレット用ポケットもあり、パッド入りで荷物をしっかり保護する。

メインコンパートメントにフォールダウンタイプの開口部を採用。背面にはPC収納コンパートメントを備える

メインコンパートメントの開口部は、従来モデルにはなかった手前に開く構造。バッグを開けたときに、内部がよく見える。フラップ裏はメッシュポケットになっており、すぐに取り出したい小物などを入れることができる。

サイドポケットを縦長に設計しているため、ペットボトルはもちろん、長めの折り畳み傘も入れられるようになった。片方のポケットの裏地は防水加工が施されており、ぬれた傘などを入れても水滴が内部に染みることもない。フロントポケットの内部にはペンホルダーやカードスリット、キーリングといったオーガナイザーを搭載するなど、小物の収納にも配慮されている。

素材は丈夫さに定評がある、同社独自のFXTバリスティックナイロン。背面にはスリーブが付いており、キャリーケースとのセットアップが可能で、毎日の通勤から出張まで幅広く活躍する。

■ポケットが多彩な高機能コンパクトモデル

TUMI「TAHOE 『アズテック』コンパクト・バックパック」(3万8000円) サイズ:W24×H39.5×D10.25cm

『アズテック』は荷物が少ないビジネスパーソン向けに、新たに登場した日本限定のバックパック。コンパクトサイズで薄マチ、そしてデザインもシンプルだが、PC専用コンパートメントや多彩なポケットを搭載しており、収納性は高い。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL