MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

裾野広がるゲーミングPC 火付け役は韓国製ゲーム 連載 ゲーミングPC最前線(3)

2018/7/26

ゲーム専用機やスマホゲームが強いといわれている日本だが、販売店によると、最近、あるPCゲームをやるためにゲーミングPCを求めに来る人が増えているという。そのきっかけとなったゲームとは?

他の国に比べゲーム専用機やスマートフォン(スマホ)ゲームが圧倒的に強いといわれていた日本で、最近、パソコンを使ったゲームが盛り上がりつつある。なぜ今、日本でPCゲームが盛り上がりつつあるのか。販売店に話を聞くと、実はあるゲームが起爆剤になり、これまでゲーミングPCに関心を示さなかった層の間でも盛り上がっているという。

■ゲーミングPCの歴史は意外と古い

連載「ゲーミングPC最前線」では、これまでデルと日本HPというゲーミングPCを発売するメーカーに話を聞いたが、今回は販売店に話を聞く。たずねたのは1992年に秋葉原で創業したPC専門店の老舗「ドスパラ」だ。「GALLERIA」というゲーミングPCブランドや周辺機器を販売している。広報の勝亦健太氏に、ゲーミングPCの盛り上がりについて話を聞いた。

――そもそもゲーミングPCというのはいつごろから販売されているんですか?

ゲーミングPCの歴史は意外と古いんです。弊社では2002年ごろからゲーム用のPCとして「GALLERIA」シリーズを販売しています。また、06年ごろからは、いくつかのゲームタイトルで、「このスペックならゲームが楽しめる」とゲームメーカーから認定を得た「ゲーム推奨パソコン」を用意するようになりました。もちろんそれ以前のパソコンでもPC用ゲームをプレイすることはできましたが、ゲームを楽しむことを前提に販売されたこれらのパソコンが、今に続くゲーミングPCの始まりといえるでしょう。

目に見えてゲーミングPCが売れ始めたのは、昨年、つまり17年です。実は「PUBG」(「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」)というパソコンゲームが大流行しているんです。それ以来、PUBG推奨パソコンが飛ぶように売れるようになりました。

PUBGが人気なのは、売れ筋パソコンの価格帯からも見えます。PUBGを楽しむには、性能の高いパソコンが求められるんです。特に高性能で高価なグラフィックスカードが必要になる。その影響で、当社のパソコン売れ筋価格帯は昨年に比べ2万円以上高くなっています。

店頭に並ぶゲーミングPC。一般的なデスクトップPCに比べるとハイスペックで高価だ

■PCゲームの情報をSNSで知る10代

――PUBGとはどんなゲームでしょうか。

MONO TRENDY 新着記事

ALL CHANNEL