できる男のスタンダード講座

老いや疲れを見せないために 自分の「色」を見極めろ プレゼンスコンサルタント 丸山ゆ利絵

2018/4/29

 その人の個性に応じた色系統にもとづきタイプ分けをして、そのタイプに似合い、印象を際立たせる色を把握して役立てる――というのがパーソナルカラーの考え方です。

 本来のパーソナルカラーと合わない色を身につけると、不健康に見えたり、老けて見えたりします。人相が悪く見えたり、さえなくて目立たない雰囲気になる、ということすらあるのです。

 冒頭で申し上げたような「惜しい」と思えてしまうのは、その人の顔色がまったくさえなく見えたり、どす黒く見えたりするときです。きちんとスーツを着こなしているときこそ、むしろ残念に思えてしまいます。

■色の基本を身につけろ

 似合う、似合わない色を見分けるにはどうしたらいいでしょう。専門家に診断してもらうのが一番ですが、自分でもある程度、知識を身につけておくことが必要です。

 以下、簡単な見分け方をご説明しましょう。

 まず、ご自身の持つ色素にもとづき、2つのタイプを2つに分けます。「黄みを帯びている」か「青みを帯びているか」です。それぞれ「イエローベース」「ブルーベース」と呼びます。全ての人がはっきりと分かれるわけではありませんが、自分が似合う色の傾向として知っておくと便利です。

 イエローベース、ブルーベースのいずれにあたるのか。それを見分けるための特徴は顔や唇、髪の毛の色などに現れます。ポイントは以下のとおりです。

イエローベースの場合
 【顔】
血色がよく若々しい。あるいは少し地黒で顔色がわかりにくい
 【唇】オレンジがかったり、茶色がかったりしている。トマトを思わせる赤色
 【髪】明るめのブラウン系か、しっかりした濃いブラウン

ブルーベースの場合
 【顔】血色が乏しい。皮膚が薄く優しい感じ
    もしくは、ほほの赤みがわかりやすい。顔立ちがはっきりしている
 【唇】ワインのような暗赤色やしっかりと赤色。ピンクがかっている
 【髪】しっかりした黒やグレー系

Latest