歩くたびに熱気や湿気を放出 通気性で買う本革靴3選特集 足元から涼しく! 今から買いたい「夏靴」たち(前編)

「実店舗だけでなくネット通販も好調で、クールシリーズの2017年4月の販売実績は、前年同月比126%と伸長しています。購買層は幅広く、特に外回りが多い営業職の方などに支持されており、快適に過ごせるビジネスシューズとして高いニーズがあります」(エービーシー・マート 販売促進部 北沢直美氏)

高い通気性の秘密はアウトソールの通気口。靴内部の空気を通して蒸れを防ぐ
中敷きを取ると通気口が透けているのがわかる。特殊なメッシュを使用しているため、湿気は逃がすが底から水は入らない
ゴアを用いた履き口と、ゴム製のシューレースで脱ぎ履きが楽。通常の靴ひももついている

チヨダ/6カ所もの通気口と軽量設計に注目

チヨダの「HYDRO-TECH 涼風爽快 HD1355」(7900円)

足が蒸れるというビジネスパーソンの声から生まれた、チヨダの通気性ビジネスシューズ。

アウトソールに6カ所の通気口を設け、不快な靴内の熱気を放出。さらにメッシュ状のインソールを採用することで、通気性をアップしている。インソールには抗菌防臭素材を用いるなど臭い対策にも抜かりはない。

また、ヒール部分には衝撃吸収素材“ポロン”を使用し、歩行時の負担を軽減。アッパーに丈夫な天然皮革を用いながら、片足約340g(25cm)の軽量設計など、歩きやすさにもこだわっている。

洗練された印象を受けるスタイリッシュなフォルムも見逃せない。ワイズは人気の3Eで、独自の新設計3Eラストを採用しているため、ソフトな足入れと快適な履き心地を実現している。数多くの快適機能が詰め込まれた上品な本革シューズは、高温多湿な日本の夏のビジネスシーンで大活躍するだろう。

「今年のゴールデンウイークは、前年の足数比約120%と好調な滑り出しです。外回りの多い営業職の方はもちろん、デスクワークがメインのビジネスパーソンからも支持を得ています」(チヨダ 全国商品部バイヤー 矢嶋勇氏)

アウトソールに6カ所もの通気口を搭載。熱気や湿気を放出し、靴内を快適にキープする
メッシュ状の中敷きを取ると通気口がのぞく。見るからに通気性が高そうだ
クッション材入りのヒールや独自の3Eラスト、軽量設計など履き心地にもこだわった通気性シューズだ
特集 足元から涼しく! 今から買いたい「夏靴」たち
前編 涼しくて蒸れない!通気性抜群のビジネス靴3選
中編 大人の休日靴!今が旬のレザースリッポン3選
後編 見た目スニーカー、通気性はサンダル 街履き新潮流

(ライター 津田昌宏、写真 野町修平=APT)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧