MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

人気のMate 9 すごいカメラと高性能でコスパ抜群 佐野正弘のモバイル最前線

2017/2/27

■カメラは「ダブルレンズ機構」をより進化

スマホの人気機能の一つであるカメラも充実している。Mate 9のカメラは、同じファーウェイのフラッグシップモデルの1つ「HUAWEI P9」と同様、カメラメーカーであるライカとの協業により開発された、2つのカメラを備えた「ダブルレンズ機構」を採用している。それだけでなく、P9より一層ダブルレンズ機構が強化されているのだ。

「HUAWEI P9」同様2つのカメラを備えた「ダブルレンズ機構」を採用。P9はカメラが横並びの配置だったが、Mate 9は縦並びの配置に変わっている

P9は1200万画素のカメラを2つ搭載しており、一方のカメラにはカラーのセンサー、もう一方のカメラにはより光を多く取り込めるモノクロのセンサーを採用。細部の表現に秀でたモノクロカメラの写真に、カラーカメラの色情報を合成することで、通常のカメラよりも繊細な表現ができる仕組みとなっていた。

だがMate 9の場合、カラーとモノクロのセンサーを用いるという基本的な仕組みは共通しているのだが、モノクロ側のカメラが2000万画素に向上したことで、より繊細な表現が可能になっただけでなく、新しい機能を提供できるようになったのだ。

それが「ハイブリッドズーム」である。Mate 9は最大6倍までのデジタルズームが可能だが、このうち2倍ズームまでは、モノクロ側とカラー側のカメラに画素数の差があることを生かし、モノクロ側の写真の一部を切り出して合成することにより、画像が劣化することなくズームを可能にしているのだ。

Mate 9で標準の倍率にて撮影した写真
2倍の倍率で撮影した写真。画素数の違いを活用したハイブリッドズームで、2倍までの写真は通常のデジタルズームとは異なり、画質の劣化なくズームができる

iPhone 7 Plusは、一方のカメラのレンズを2倍の望遠にすることで、ズーム機能を実現していた。ただし、1.2倍や1.5倍といった中間的なズームでは、標準レンズの画像のデジタルズームになってしまうため、画質が劣化する。

Mate 9の場合は、常にデジタルズームではあるが、もともと2倍の画素数の画像を利用するため、中間的なズームでも画質が劣化せずにすむ。P9とiPhone 7 Plusのいいとこ取りをしたようなカメラである。

Mate 9には、2つのカメラを用いて被写体からの距離を測ることで、一眼レフのようなボケ味のある写真を撮影できる「ワイドアパーチャ」機能も、P9に引き続き搭載されている。同様の仕組みでボケ味を再現するスマホは増えているが、ボケ味を撮影後に調整できるというのはファーウェイ製端末ならではのポイントであり、写真にこだわりたい人にとっては魅力的なスマホになっている。

ボケ味のある写真が撮影できる「ワイドアパーチャ」ももちろん搭載。撮影後にボケ味の調整ができるのも、ファーウェイ製端末ならではだ

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
ワークマン快進撃 ユニクロ超えの1000店舗体制へ
日経クロストレンド
4万円台のXperia ドコモ夏商戦の切り札となるか
日経クロストレンド
キリン淡麗とサントリー金麦 緻密なリブランド戦略
日経クロストレンド
メルカリ愛用者 なぜ新品を衝動買いしやすいのか
ALL CHANNEL