ヘルスUP

健康づくり

1回2滴はさし過ぎ、目薬を正しく使う 洗眼にも注意

2012/9/13 日本経済新聞 プラスワン

■防腐剤の入っていないタイプを

点眼回数が多すぎても、同じことが起こる。「ドライアイの場合、不快な症状を緩和したいという思いから、1日に何度もさしがちだ。しかし、これも逆効果になることがある。医師からの指示がない場合には、1日の点眼回数は、6回程度に抑えた方がいい」と石岡院長はアドバイスする。

特に、眼球の表面に細かい傷があることの多いドライアイの人は、頻回に防腐剤入りの目薬を使うと傷を助長する可能性がある。防腐剤の入っていないタイプを選ぶようにしたい。

目薬を十分に行き渡らせるには、目薬の量よりも、正しいさし方が大事だ。「目頭には、涙点という涙が鼻に流れるための孔がある。涙点から薬液が鼻へ流れ出ないようにすることが重要だ」と吉野院長は話す。目薬は鼻やのどに過剰に流れると副作用につながることがある。例えば、緑内障の治療用の目薬はぜんそくや心疾患を引きおこす可能性があり、注意が必要だ。

点眼後は目を閉じ、指で目頭を軽く押さえて涙点をふさぎ、1分ほど安静にするのがいい。眼球とまぶたの間には狭いすき間があり、自然に薬液が隅々まで行き渡る。「点眼後、パチパチ瞬きする人がいるが、薬液が流れ出る原因になる」と吉野院長。

一方、あふれた目薬は、清潔なティッシュなどで軽く押さえて拭こう。まぶたなどについた薬液は、色素沈着やかゆみ、赤みなどの皮膚症状の原因になる。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL