エンタメ!

何でもランキング

今が旬 専門家が食べて薦めるアップルパイ、ベスト10

2015/11/15

 リンゴをたっぷり使ったアップルパイは、子どもから大人まで幅広い人に愛されるスイーツ。ここ数年は専門店が増え、青森県弘前市は町おこしの目玉にするなど、人気がさらに高まっている。そこで旬のリンゴがおいしい取り寄せ可能なアップルパイを、専門家と試食し、選んでもらった。

■素朴な人気者 専門店、味競う

 「アップルパイのようにアメリカ的」という表現があるほど、米国人には親しみのあるスイーツ。パイ生地でリンゴを包んだ一品は、いわば「ママの味」で、日本人にとっての味噌汁のような存在という。この伝統を意識する1位の松之助など上位にはパイで包むタイプが多く入った。

 もっともお菓子の歴史研究家、猫井登さんによると、欧米ではアップルパイの定義は曖昧だという。クッキー生地のもの、生地を上からかぶせるだけのものなど様々だ。ランキングにもチーズと合わせたり、リンゴを丸ごと使ったりしたものが入った。食べ比べるのも楽しいだろう。

 取り寄せ品は冷蔵で届くことが多い。そのまま食べてもおいしいが、オーブントースターで少し焼くと香ばしさが戻ってくる。アイスクリームをトッピングしてもおいしい。自分なりのアレンジで旬の味を堪能しよう。

1位 松之助「ビッグ・アップルパイ」(京都市) 560ポイント
 ■意外にあっさり 米開拓時代の「ママの味」 料理研究家、平野顕子さんがプロデュースするスイーツ店。米バーモント州に伝わるレシピを基に、米国の開拓者が作っていた「ママの味」を再現した。リンゴは適度な酸味のある紅玉。スライスしてパイ生地に包み、焼き上げた。「シナモンの香りと酸味が心地よい、アメリカンなアップルパイ」(下井美奈子さん)。「薄くスライスしたリンゴのしゃきしゃき感と、薄いパイのさくさく感がほどよい」(村山なおこさん)。直径24センチのホールは大ぶりでボリュームたっぷりに見えるが、「食べてみると意外にあっさりしていて、ぺろっと食べられるおいしさ」(下園昌江さん)。京都と東京・代官山に店舗がある。スイーツ店らしからぬ店名は能装束の織元だった平野さんの祖父の名前に由来。(1)24センチ6000円(2)(電)075・253・1058
2位 京都ホテルオークラ「伝統のアップルパイ」(京都市) 550ポイント
 ■ザクザク、とろりのハーモニー 顔立ちも華やか 老舗ホテルの人気メニュー。発酵バターを使った生地にシロップ漬けにしたリンゴを載せ、細切りリンゴをトッピングし焼き上げた。「しっかり形が残っているのにリンゴがとろけてびっくり。パイのざくざく感、細切りリンゴとのバランスが絶妙」(aiko*さん)。「キャラメリゼの具合、酸味と甘さのバランスに優れ飽きない」(宇多聡子さん)。青森県産リンゴを3個分使い「リンゴ好きにはたまらない」(瀬戸理恵子さん)。冷凍で届くので冷蔵庫に3、4時間入れて解凍する。(1)15センチ3456円(2)http://www.kyotohotel.jp/sweet/
3位 富士屋ホテル「アップルパイ」(神奈川県箱根町) 520ポイント
 ■100年の伝統 酸味とシナモンの香り アップルパイ 見た目はシンプルだが、厚さ約4センチのパイの中にリンゴがぎっしり詰まっている。1915年のメニューカードには既にアップルパイの記載があり、代々伝わるレシピに手を加えながら歴史を受け継いできた。ジョン・レノンなど著名人が愛した味としても知られている。じっくり煮詰めたリンゴにシナモンをきかせ、オレンジマーマレードを加えてさわやかな酸味に仕上げた。「甘酸っぱいリンゴから立ち上るシナモンの香りが癖になる。大人の味」(瀬戸さん)。(1)21センチ4320円(2)https://asp.hotel-story.ne.jp/ec/fujiyashop/
4位 ジャルダン洋菓子店「アップルパイ」(青森県弘前市) 490ポイント
 ■地元産紅玉のうまみぎっしり リンゴの街、青森県弘前市に店舗を構える。青森県産の紅玉を煮込み、手作りの生地で包んで焼き上げた。「重量感のある生地にリンゴのうまみがしっかりと伝わる」(松本学さん)。「余計な味を加えず、紅玉らしい酸味を生かしている」(平岩理緒さん)。リンゴの形をした外見もユニーク。(1)18センチ2750円。15センチ~24センチまである(2)(電)0172・32・6158
5位 グラニースミス「クラシック ラムレーズン」(東京都世田谷区) 400ポイント
 ■酸味やわらか ラムレーズンと相性抜群 たっぷりのリンゴにラム酒に漬けたレーズンを組み合わせた。リンゴは加熱しても食感が残る「ふじ」で、「しゃきしゃきしたリンゴの食感と表面のクランブルのさくさく感がいい。レーズンとの相性も抜群」(山本諭さん)。紅玉ではなく「ふじ」を使うことで「酸味がやわらかい」(宇多さん)。店名は欧米でアップルパイによく使うリンゴの品種に由来。グラニーは英語で「おばあちゃん」の意味でもある。(1)21センチ3000円(2)http://grannysmith-pie.com/item.html
6位 かぐらじゅ「アップルパイ」(札幌市) 340ポイント
 北海道・余市産の「ふじ」を煮込み、ほろっとした肉厚のパイ生地で包んだ。「包み込んで焼いているため、生地とフィリングがしっとりと一体化している」(平岩さん)。手で持って食べられる小ぶりな三角形のパイは「気軽なおやつのようで親しみやすい」(下園さん)。(1)1個346円(2)http://www.kagurajyu.com/
7位 アトリエ・ド・フロマージュ「自家製カマンベールのアップルパイ」(長野県東御市) 330ポイント
 長野県産の紅玉を皮ごと煮込み、自家製のカマンベールチーズと合わせて焼き上げた。「チーズの香りや塩味が紅玉の甘酸っぱさを引き立てている」(平岩さん)。「皮ごとコンポートされたリンゴが赤色に染まり鮮やか」(山本さん)。(1)2592円(2)http://www.a-fromage.co.jp/
8位 リトル・パイ・ファクトリー「アップルパイ」(東京都港区) 320ポイント
 食感が残るよう大きめに切ったリンゴとあめ色になるまで煮たリンゴを手のひらサイズのパイで包んだ。「薄くサクサクのパイ生地に食感が違うリンゴが加わり、香りと酸味、食感のバランスが見事」(藤原浩さん)。(1)6個2490円(2)http://www.l-p-f.jp/index.html
9位 ラグノオ「気になるリンゴ」(青森県弘前市) 240ポイント
 青森県産「ふじ」を1カ月間、まるごとシロップに漬け、パイで包んで焼いた。「リンゴのしゃきしゃきとした食感がよく、切り口も楽しい」(下井さん)。(1)1個(11センチ×11センチ×高さ10センチ)700円(2)(電)0120・55・6300
10位 タムラファーム「紅玉のアップルパイ」(青森県弘前市) 220ポイント
 自家農園で育てた紅玉を皮付きのままバターでソテーし、ハチミツとカルバドスで香り高く仕上げた。「ピンク色に染まったリンゴが美しい。紅茶との相性がよさそう」(藤原さん)。(1)5個2962円(送料込み)(2)(電)0172・88・3836

  ◇  ◇  ◇  

 表の見方 数字は選者の評価を点数にした。店名、商品名、所在地。(1)サイズと税込み価格。10位以外は送料別(2)問い合わせ先 *記事中のリンクは掲載時のものです

 調査の方法 取り寄せができるアップルパイを専門家の推薦により22商品選定。専門家に試食してもらい、リンゴの味や食感、パイ生地とのバランス、わざわざ取り寄せたくなる、などの観点で評価してもらった。選者は次の通り(敬称略、五十音順)。

 aiko*(お取り寄せ生活研究家)▽宇多聡子(「エル・ア・ターブル」エディター)▽下井美奈子(スイーツコーディネーター)▽下園昌江(お菓子研究家)▽瀬戸理恵子(フードエディター)▽平岩理緒(「幸せのケーキ共和国」主宰)▽藤原浩(日本フードアナリスト協会常任理事)▽松本学(ご当地グルメ研究会代表)▽村山なおこ(菓子コーディネーター)▽山本諭(菓子ジャーナリスト)

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL