エンタメ!

何でもランキング

専門家が試食・推薦 お取り寄せコロッケ、ベスト10

2015/10/4

試食会では電気フライヤーを使い揚げたてを吟味

 秋が深まると、サクサク香ばしいコロッケが恋しくなる。揚げたてを食べたいのなら、名店から取り寄せられる冷凍コロッケがおすすめだ。衣をつけ、後は揚げるだけの状態にしたもので、適温(約180度)の油でゆっくり揚げれば、破裂などの失敗をせずにおいしく食べられる。

■決め手は味・香り・コク

 一般社団法人日本コロッケ協会(東京・港)の藤井幸大会長によると、コロッケのおいしさを決めるのは「味、香り、コクの3要素」。味はベースの素材、香りは調味料など、コクは油が左右する。そのバランスは繊細。夏と冬でパン粉を変える店もある。

 コロッケがよく売れるのは意外にも4~5月。冬はクリームコロッケが人気を集めるという。最近は「二重包あん」で外はプリッ、中はトロッのクリームコロッケが注目株だ。

 今回は取り寄せに対応する全国の専門店や精肉店、メーカーの商品のうちポテトベース、クリームベースのコロッケを取り交ぜて21種類を選抜。「自宅に常備したいごちそうコロッケ」という基準で、専門家に揚げたてを試食した上で、おすすめを選んでもらった。上位には各地名産の食材をふんだんに使った製品が並んだ。

 クール便を使うため送料は割高だが、商品それぞれの揚げ方の指示を守れば、自宅で手軽に味わえる熱々のごちそう。各地の味を食べ比べるのも楽しい。

1位 旭屋特選神戸ビーフプレミアコロッケ(名産神戸肉 旭屋) 590ポイント
 ■良質な肉がほろっとほどける 銘柄牛「神戸ビーフ」を扱う精肉店の人気総菜。2010年には神戸市の外郭団体が主催する「神戸セレクション」にも選定されている。ジャガイモは「レッドアンデス」「ゴールデン男爵」を使用し、サイコロ状の角切りにした神戸ビーフを混ぜ込んでいる。「肉のゴロゴロした感触で高級感がある。肉そのものもほろっとほどけておいしい」(河瀬璃菜さん)
 1個110グラム、長さ約10センチメートルの大判サイズで、付属の牛脂を溶かした油で揚げると香ばしさが増す。「牛脂を加えて揚げるこだわりは自信の表れ。良質な肉ならではの仕上がりに驚きがあるザ・牛肉コロッケ」(藤原浩さん)。「ごちそう感があり、おもてなしにも良い」(島本美由紀さん)。取り寄せは1日300個限定のため、2週間ほど余裕を持たせた注文が望ましい。材料が希少なため商品到着まで約10年待ちという「神戸ビーフコロッケ 極み」も扱っている。
(1)兵庫県高砂市(2)10個入り2700円(3)http://www.asahiya-beef.com/
2位 エビクリームコロッケ(つよしのコロッケ本舗) 550ポイント
 ■口いっぱいにエビのうまみ フランスで修業した山下毅シェフによるクリームコロッケ。クリームはじっくり煮込んだベシャメルソースに、甲殻類のだしがベースのアメリケーヌソースを合わせている。大きめのぷりっとしたエビがアクセント。粗びきパン粉を付けた後、冷蔵庫で一晩落ちつかせている。手作りのため数量に限りがある。
 「クリームがおいしく、子ども受けをしそう」(池見貴之さん)。「エビのうまみが出ていてとてもおいしい。サクサクした食感も良い」(茂出木浩司さん)。店では季節のおすすめコロッケなども販売。店内ではランチも楽しめる。
(1)奈良市(2)ナチュラルポテトコロッケを6個を加えた12個セットで3445円(送料込み)(3)http://www1.kcn.ne.jp/%7Eellies/index.html
3位 かにグラタンコロッケ(北陽冷蔵) 530ポイント
 ■手ごろな価格とやさしい味 鳥取県の境港で水揚げした紅ズワイガニの身を、大山の牛乳を生かしたマカロニ入りクリームに混ぜ合わせ、俵型に成形したクリームコロッケ。「価格が安いのにクオリティーが高く、やさしいカニの風味。タルタルソースにも良く合う」(島本さん)。「子どもから大人まで好まれそうな優しいグラタンの味わいがいい。衣も大きめで軽やか」(瀬戸理恵子さん)
(1)鳥取県境港市(2)6個442円(3)境港市観光協会物産観光センターみなとまち商店街のサイト http://shop.sakaiminato.net/
4位 米沢牛コロッケ(琥珀堂) 460ポイント
 米沢牛産地の総菜・弁当店の定番商品。国内産のジャガイモを使い、米沢牛のうまみを生かした。すき焼き風の甘めの味わいや、ほかにない丸く分厚い形が特徴的。重量は1個およそ100グラムで、たっぷりとパン粉をまぶされた化粧箱に入れられて届く。「衣がさっくりとしていて中身も甘みがある。肉のうまみも良く出ている」(池見さん)。「厚みがあってころりんとした形に心なごむ。ジャガイモの食感も楽しめる」(瀬戸さん)
(1)山形県米沢市(2)6個1620円(3)http://www.kohakudo.co.jp/
5位 神戸森谷のコロッケ(本神戸肉 森谷商店) 400ポイント
 神戸・元町の精肉店が60年以上前から販売している行列ができるコロッケ。目の細かいパン粉を使った衣は薄く、油の吸収が少ないため冷めてもおいしい。タマネギと国産牛のミンチは牛脂でいためている。ジャガイモはメークインを使い、肉によく絡む。「ジャガイモらしい自然な風味とほくほくした食感が楽しめ、ホッとする味わい」(瀬戸さん)、「タマネギの甘みと風味がしっかりしていて、肉もたっぷり。男性も満足できる」(島本さん)
(1)神戸市(2)5個450円(3)http://www.moriya-kobe.co.jp/
6位 伊勢えびクリームコロッケ(若美家) 360ポイント
 名産の伊勢エビの身をペースト状にしたものに殻とミソを焼いた粉末を混ぜ合わせ、香ばしくまろやかな風味に仕上げた。旅館で提供する伊勢エビのフルコースの一品が人気を博し、持ち帰り店で売り始めた。電子レンジで解凍後に揚げることを推奨。「調理の手間はかかるが、エビの風味や味わいが段違い」(河瀬さん)。「価格は高めだがおいしい」(間野実花さん)。サイズが1.5倍の「超デラックス」もある。
(1)三重県伊勢市(2)10個3240円(3)http://www.ise-ebi.jp/
7位 北海道男爵コロッケ(西郷亭)
 東京の専門店。基本の男爵コロッケはジャガイモの風味を生かす控えめな味付け。「オーソドックスなおいしさ。ごはんに載せたい」(斉藤賢太郎さん)。半解凍してから揚げる。
(1)東京都中野区(2)12個1440円(3)http://www.saigoutei.co.jp/
8位 肉コロッケ(斎藤精肉店)
 懐かしい“お肉屋さんのコロッケ”の味わい。東京・有楽町の「秋田ふるさと館」でも購入できる。「肉が多く歯応えを感じる。味が濃いのでソースなしで食べられる」(猪股理世子さん)
(1)秋田県大仙市(2)12個2520円(3)http://saitoseinikuten0298.com/
9位 葉山コロッケ(葉山旭屋牛肉店)
 国産牛肉と豚肉を使い、下味をしっかり付けたポテトコロッケ。冷蔵室で自然解凍して揚げる。「肉じゃがを思わせる味の奥行き。冷めてもおいしい」(藤原さん)。百貨店催事にも登場。
(1)神奈川県葉山町(2)10個800円(3)http://www.hayama-asahiya.com/
10位 オランダコロッケ(平井精肉店)
 数種類のナチュラルチーズを使ったポテトコロッケ。「チーズが効果的。意外にパンと合う」(増田剛己さん)
(1)群馬県高崎市(2)5個690円(3)http://www.hiraiseinikuten.com/

  ◇  ◇  ◇  

 表の見方 商品名のカッコ内は発売元。順位の右のポイント数は専門家の評価を集計したもの。(1)所在地(2)取り寄せしやすい個数と税込み価格の目安(3)ショップサイトのURL(記事中のリンクは掲載時のものです)

 調査の方法 インターネットによる取り寄せに対応している全国のコロッケ専門店、精肉店、地場メーカーなどの主力商品を専門家の監修で21種類選んだ。試食会では象印マホービンの電気フライヤー「あげあげ」を使用。専門家10人に揚げたてを食べてもらい、主に「家庭の冷蔵庫(冷凍室)に常備したいコロッケ」の基準でおすすめを選んでもらった。専門家は次の通り(敬称略、五十音順)

 池見貴之(三越伊勢丹食品統括部食品第三商品部総菜バイヤー)▽猪股理世子(料理人)▽河瀬璃菜(料理研究家)▽斉藤賢太郎(dancyu編集部)▽島本美由紀(料理研究家)▽瀬戸理恵子(フードエディター・ライター)▽藤原浩(日本フードアナリスト協会常任理事)▽増田剛己(オールアバウト散歩と食のガイド)▽間野実花(マノ料理学園園長・冷凍食品調理コンサルタント)▽茂出木浩司(たいめいけん三代目 専務)

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL