エンタメ!

何でもランキング

小説で読みたい 名作SF映画、ベスト10

2015/6/7

近年、「猿の惑星」や「スター・トレック」など往年のSF映画が相次ぎ再び製作されている。今年も「ターミネーター」(7月)、「ジュラシック・ワールド」(8月)、「スター・ウォーズ」(12月)と、話題の大作が続々公開される。

■ひと味違う個性に浸る

これらの作品は設定やストーリーを改編し、新しい魅力をもたせるのが常。そうなると、もとの小説がどんな内容なのかも気になるところだ。

原作が面白く、新たな魅力を発見できるおすすめ作品はどれか。劇場用長編として公開され、原作が入手しやすいものから、SF映画・小説に詳しい専門家に選んでもらった。

上位を占めたのは今も高く評価される不朽の名作ばかり。いずれも映画と原作の設定こそ共通しているものの、監督と作家それぞれの個性が鮮明で、どちらも楽しめる。

「原作のどこを変えたことで映画が面白くなったのか、考える楽しみがある」と映画評論家の添野知生さん。映画では分かりづらい部分が、原作を読むと納得できる作品もある。小説には遠い昔や非日常の世界に、より深く浸れる面もある。

なお、日本の作品は10位以内に入らなかったが、筒井康隆原作のアニメ「パプリカ」(2006年)が最も支持を受け、小松左京原作の「復活の日」(1980年)が続いた。

1位 ブレードランナー(原作名:アンドロイドは電気羊の夢を見るか?) 650ポイント
■人間とは何か問う、斬新で奥深い 近未来の荒廃した地球を舞台に、逃走した人造人間を主人公が追跡するハードボイルド作品。映画はハリソン・フォードが主役を務め、混沌としたアジア都市のような未来をダークな映像で表した。興行収入こそ振るわなかったものの、「SF映画の金字塔」(菊池誠さん)と圧倒的に高い評価を集めた。映画の見どころの一つは、人造人間の詩的な独白。小説にはないアドリブだ。一方、原作は設定が映画以上に斬新で細部まで凝っている。両者に共通する人間とは何かというテーマが「映画は俳優・女優の演技で、原作はディテールの細かい表現で、奥深く感じられる」(山口友章さん)。映画は来夏にも続編の撮影が開始される。
(1)1982年(2)リドリー・スコット(3)ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント(ファイナル・カット)、1543円(4)フィリップ・K・ディック(5)早川書房、799円
読みどころ 映画では削られている近未来の風習や宗教、感情制御装置などの小道具が興味深い
2位 2001年宇宙の旅(同) 440ポイント
■進化のストーリー、緻密につづる 映画はスタンリー・キューブリック監督が原作者のアーサー・C・クラークと組み作り上げた。謎の石板が登場する原始時代に始まり、宇宙船のコンピューターが反乱し、唯一の生存者が新たな生物に進化するまでを描く。「原作と映画それぞれの道を突き詰めた古典の中の古典」(高槻真樹さん)。映画でクラシック音楽とともに映し出される美しい宇宙に心躍らせた人は多いはず。一方で説明を排した描写は論争も呼んだ。「謎を謎として残す映画と、論理を重視した小説の違いが楽しめる」(菊池さん)。(1)1968年(3)ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント、1543円(5)早川書房、864円(決定版)
読みどころ 小説は詳細で緻密。「映画の後半にモヤモヤする人は、読んでスッキリしよう」(高橋良平さん)
3位 惑星ソラリス(ソラリス) 350ポイント
■哲学的な世界観 論理的に迫る 惑星ソラリスを調査に訪れた心理学者の前に、次々と奇妙な現象が起こる。原作者が映画に不満を示したことで知られ、「小説と映画の表現の違いを議論する楽しみがある」(高槻さん)。スティーヴン・ソダーバーグ監督も映画化した。(1)1972年(2)アンドレイ・タルコフスキー(3)アイ・ヴィー・シー、4104円(4)スタニスワフ・レム(5)早川書房、1080円
読みどころ 原作は「ソラリス学」なる架空の学問を設定し、起きる現象に論理的に迫る。その世界に没入できるか
4位 宇宙戦争(同) 250ポイント
■19世紀が舞台 古典の魅力詰まる 異星人の地球侵略を描いた古典をスティーブン・スピルバーグ監督が映画化した。舞台は原作の英国から現代の米国に移し、トム・クルーズが主演した。原作が書かれたのは19世紀だが「シンプルな展開ゆえに恐怖感が際立つ」(須川賢一さん)。(1)2005年(3)パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン、1543円(4)H・G・ウェルズ(5)東京創元社、648円
読みどころ SF小説の父による古典。21世紀の怪獣映画との表現のギャップが新鮮
5位 スターシップ・トゥルーパーズ(宇宙の戦士) 180ポイント
■映像と原作 全く違う路線 機動歩兵ジョニーが宇宙生物と対決する。暴力場面が多い映画は「原作を顧みない潔さ」(三丸晋さん)。原作は軍隊生活を通じて成長する少年の物語。(1)1997年(2)ポール・バーホーベン(3)ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント、1543円(4)ロバート・A・ハインライン(5)早川書房、1058円
読みどころ 「映画版の描写はかなり毒があるので、原作を先に読むのがおすすめ」(塩沢快浩さん)
6位 遊星からの物体X(影が行く)
南極に出現した変幻自在の宇宙人と観測基地の隊員が戦うホラー。目の前にいる仲間は本物の人間か、宇宙人か。緊迫感みなぎる筆致のサスペンスで、1951年、82年、2011年の3度映画化された。「原作の恐怖にいちばん近いのは82年版」(添野さん)。(1)1982年(2)ジョン・カーペンター(3)ジェネオン・ユニバーサル、1543円(4)ジョン・W・キャンベル(5)東京創元社、1296円
7位 ストーカー(同)
「惑星ソラリス」のタルコフスキー監督が再びSFに挑んだ映画は「美しく陰鬱」(河野晴香さん)。原作は「謎めいた映画より、だいぶわかりやすい」(菊池さん)。(1)1979年(3)キングレコード、4104円(10日発売)(4)アルカジイ&ボリス・ストルガツキー(5)早川書房、864円
8位 スローターハウス5(同)
過去と未来を行き来し、人生の断片を何度も過ごす羽目になる米国兵の物語。映画と原作ともに「残酷な運命を苦いユーモアをこめて描き出す手法は共感を誘う」(高槻さん)。(1)1972年(2)ジョージ・ロイ・ヒル(3)キングレコード、2052円(4)カート・ヴォネガット・ジュニア(5)早川書房、778円
9位 猿の惑星(同)
宇宙船が不時着した惑星は猿が支配していた。原作と映画の結末は大きく異なり「どう改編されたかに着目したい」(井口健二さん)。(1)1968年(2)フランクリン・J・シャフナー(3)20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン、1533円(4)ピエール・ブール(5)早川書房、821円
10位 プリデスティネーション(輪廻の蛇)
数奇な人生をたどる青年が偶然会った男と時空を超えた旅に出るタイムトラベル小説。(1)2014年(2)マイケル&ピーター・スピエリッグ(3)ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント、4093円(DVD&ブルーレイセット、7月15日発売)(4)ロバート・A・ハインライン(5)早川書房、972円

表の見方 数字は専門家の評価を点数にした。映画タイトルと原作(1)映画公開年(2)監督名(3)DVDの発売元、税込み価格(4)原作者(5)原作の版元、税込み価格

調査の方法 専門家の協力を得て、原作が入手しやすく、劇場でも評価を得た長編SF映画60本をリスト化。映画と原作のどちらも優れている、違いを比べて楽しめる、などの点からおすすめを10位まで順位付けしてもらった。選者は次の通り(敬称略、五十音順)

井口健二(SF映画評論家)▽河野晴香(SHIBUYA TSUTAYA)▽菊池誠(物理学者)▽三丸晋(MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店)▽塩沢快浩(早川書房「SFマガジン」編集長)▽須川賢一(WOWOW映画部)▽添野知生(映画評論家)▽高槻真樹(映画・SF研究者)▽高橋良平(SF評論家)▽山口友章(ゲオ事業企画部)

 ◇  ◇  ◇  

2015年度「日経生活モニター」を募集します
日本経済新聞社は2015年度の読者モニター「日経生活モニター」への参加者を募集します。暮らしに関する様々な調査を実施し「NIKKEIプラス1」をはじめとする紙面で紹介。記事へのご意見もうかがいます。調査にご協力いただいた方の中から毎月抽選で、図書カードをお届けします。
モニター登録の流れ 専用の登録画面(https://www2.entryform.jp/nikkei2015/)を開き、自分のメールアドレスを入力(携帯電話は不可) → 登録したアドレスにメールが届きます → このメールを開き、「日経生活モニター登録画面」へ進む → お住まいの都道府県、性別、年齢などを入力 → 入力内容を確認したら、登録完了

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL