エンタメ!

何でもランキング

専門家イチオシ 桜満開で乗って楽しい列車・船15

2014/2/23

 春の訪れはまだ遠いが、花見を楽しむ旅行は今から計画しておきたい。近所の花もよいが、列車や船に乗って咲き乱れる花をめでるのも趣がある。専門家にこの春お薦めの花見ができる鉄道と船を選んでもらった。

<鉄道から>

1位 嵐電・北野線(鳴滝-宇多野、京都市) 1290ポイント
 ■ライトアップで幻想的 京都市内を走る嵐電。その桜の名所が「嵐電桜のトンネル」だ。線路の両脇に70本ほどのソメイヨシノのが枝を連ねる桜並木が200メートルも続き、車窓から眺める景色は圧巻。1926年(大正15年)3月の北野線全線開通を記念して植えられた桜だ。満開の時期になると、夜に桜並木をライトアップし、車内灯を消した「夜桜電車」が運行される。「桜の幻想的な景色を堪能できる」(白木信彦さん)、「ちょっと大人の旅が楽しめる」(JTB鉄旅ガールズ)。
 3月中旬から1カ月ほどの期間は車内を桜の花で装飾した「桜電車」が1両のみ登場する。乗れたらラッキーだ。少し足を延ばせば仁和寺や太秦などもあり、町歩きと共に楽しみたい。「京都らしく周辺には神社や寺が多く、非日常の雰囲気を味わえる」(雨宮健一さん)(1)京福電気鉄道(2)夜桜電車(4月上旬付近に3日程度運行予定)


2位 肥薩線(大畑、熊本県) 1080ポイント
 ■SLやレトロな内装 開業100年の歴史を持つ鉄道は熊本、宮崎、鹿児島を通る。急流の球磨川や自然豊かな渓谷などと一緒に桜を眺められるのが魅力だ。
 一番の見どころは大畑(おこば)駅。ループ式の線路のなかに、急な斜面を上り下りするためのスイッチバックがあり、その東部に駅舎がある。木造建築の駅舎は明治時代に完成したもので、素朴な雰囲気。近くには梅や桜の名所「人吉梅園」もある。白煙とともに駆け抜ける「SL人吉」やレトロな内装が楽しめる「いさぶろう・しんぺい」など「人気列車が通る路線である点もよい」(櫻井寛さん)(1)JR九州


3位 東北本線(大河原-船岡、宮城県) 930ポイント
 ■車窓のすぐそばに 線路の横に流れる白石川沿いに8キロもの桜並木が続き、「一目(ひとめ)千本桜」と呼ばれる。「思わず車窓から手を伸ばしたくなる距離に迫ってくる」(宇田川敦史さん)。開花時期は列車が徐行運転する。
 船岡城址公園の付近は「パノラマ状に桜並木が広がる」(ピート小林さん)。船岡駅で降りて川沿いを歩くと桜と共に残雪の蔵王連峰が美しい。例年の見頃は4月中下旬。(1)JR東日本


4位 いすみ鉄道(大原―上総中野、千葉県) 820ポイント
 ■花畑進むよう 房総半島の里山を進む鉄道の沿線全てが菜の花で黄色く染まる。見どころは国吉―大原の区間で「乗客は花畑をかき分けるような感覚」(宇田川さん)。ムーミン列車も愛らしい。小湊鉄道と接続していて房総半島を横断できる。(1)いすみ鉄道


5位 中央本線(新府-穴山・勝沼ぶどう郷、山梨県) 800ポイント
 ■一面ピンクに 甲府盆地を見下ろす勝沼ぶどう郷駅は「ホームのすぐ下に桜並木が広がる」(庄司貴行さん)。新府駅と穴山駅の区間は「桃源郷というほど桃の花で一面ピンクに染まる」(猪井貴志さん)。(1)JR東日本


6位 津軽鉄道(芦野公園、青森県) 670ポイント
 津軽五所川原駅から津軽半島を北に走るローカル鉄道。芦野公園駅付近では列車が桜のアーチをくぐるよう。「途中下車して太宰治ゆかりの地を歩くのもいい」(山田祐子さん)。花見の時期は「走れメロス号」やストーブ列車でさくら弁当を楽しみたい。(1)津軽鉄道


7位 大井川鉄道(家山、静岡県) 530ポイント
 SLが原則毎日、新金谷―千頭間を往復する。「日本の原風景を思わせる」(庄司さん)桜や茶畑が美しい。最大の見どころは家山駅で、レトロな駅舎が桜によく映える。(1)大井川鉄道(2)3月22~28日、31日~4月4日はSLが家山駅発着の運行


8位 嵯峨野観光鉄道(嵯峨―亀岡、京都府) 440ポイント
 川下りの船も有名な保津川沿いの約7キロを25分で走る。ディーゼル機関車に引かれる5両編成のトロッコ列車は見た目もかわいらしい。現在は運休期間で3月から運行する。「嵐山駅を過ぎた辺りに咲く山桜は、息をのむほど美しい」(小林さん)(1)嵯峨野観光鉄道


9位 樽見鉄道(谷汲口―樽見、岐阜県) 350ポイント
 日本三大桜の一つ、樹齢1500年を超す淡墨(うすずみ)桜を訪ねられる鉄道。谷汲口(たにぐみぐち)駅ホームや駅の周辺も桜がいっぱい。4月1~15日は「桜ダイヤ」で増発する。(1)樽見鉄道


10位 のと鉄道七尾線(能登鹿島、石川県) 290ポイント
 能登半島を走る第三セクター鉄道。能登鹿島駅は通称「能登さくら駅」で、「駅を覆うように100本の桜が咲き誇る」(白木さん)。4月は、夜間はぼんぼりで照らすイベントが毎年ある。(1)のと鉄道


エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL