「オンライン小学校作りたい」 学歴社会ひっくり返す探究学舎 宝槻泰伸塾長インタビュー

授業中に感極まることもあるという探究学舎の宝槻泰伸塾長=探究学舎提供
授業中に感極まることもあるという探究学舎の宝槻泰伸塾長=探究学舎提供
新型コロナウイルスは教育にイノベーションをもたらすきっかけともなった。学校現場も教育産業も、オンラインでの学びに向けて大きく動き出している。高校を中退した後に京大に入り、受験指導ではなく子どもが好きなことを見つけるための塾「探究学舎」を起業した宝槻泰伸さんに、学びの未来像についてインタビューした。

――東京・三鷹の教室を使って対面で生徒を熱狂させていくスタイルから、コロナ禍で一気にオンラインの世界にかじを切りましたね。切り替えが素早いですよね。

オンライン学習を実現したいという強い使命感は、実はコロナ前から持っていました。でも、僕のビジョンが社員に伝わらず、社内で「社長がなんか言っているよ」みたいに見られていて、すごく悔しかったんですよね。そういう中でコロナ禍があり、このタイミングをとらえて「オンラインでいく」と宣言しました。

――オンラインのほうが事業としてはスケールするからですか。

それはそうですが、スケールというのはこちら側の理屈であって、重要なのは参加してくれる子どもたちに革新をもたらすことです。オンライン化を徹底的に進めることで僕が最終的になし遂げたいと思っているのは、日本を学習歴社会にすることです。学歴社会から学習歴社会に転換したいというのがあって、これは極めて革新的な社会制度の変更なんです。

――卒業した学校がものを言う「学歴社会」ではなく、何を学んだかが意味を持つ「学習歴社会」に転換したい、と。

確かに学歴は一定の信頼性もありますし、これまで十分に機能してきたものだと思うのですが、学歴が唯一という考え方は徐々に形骸化していますよね。ただ、現状で代替案が生み出されていないから、学歴にしがみつかざるを得ない。したがって教育の目的は高学歴を勝ち取るということに、どうしたってなるわけです。それでつまらない学習がはびこるわけですよ。ここのすべての世界観をぶっ壊さない限り、いい学びというのは、つまり人生を豊かにする学びというのは、社会に浸透しないと思っていて、そのときにポイントになるのが僕は学習の履歴だと思っています。

――なるほど。もう少し説明してもらえますか。

自動的にその子の学習履歴がオンライン上で記録されていくプラットフォームがまず必要になります。すべての子どもたちがデジタルプラットフォームの上で学習行動を積み重ねるということが現実になったら、学習履歴は容易に取ることができます。そうなれば、人と人、あるいは組織と人が、主にキャリアの面からですが、マッチできるようになると思いませんか?

こういう体験やこういう志向性やこういう価値観を持っている人間なのであれば、うちで働く、あるいは私と一緒にやるのに相性がいいよね、みたいな。学歴というある時点に限った情報よりも、学習履歴という時間軸のある縦の情報のほうが、本質的で深い情報になるはずです。学習履歴社会の実現で人類全体がより自由になれる。僕の基本哲学ですね。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
東大、京大の意味は世代によって変化する
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録