レーベル名付け親は麻宮騎亜 アニメ音楽に本腰バンダイナムコアーツ 副社長 井上俊次氏(13)

漫画「サイレントメビウス」のイメージソングで編曲を担当した=ユニバーサルミュージック提供
漫画「サイレントメビウス」のイメージソングで編曲を担当した=ユニバーサルミュージック提供

市場規模が膨らんだ「アニメソング(アニソン)」ビジネスの立役者の一人がバンダイナムコアーツの井上俊次副社長です。1970年代にロックバンド「レイジー」で一世を風靡しました。井上氏の「仕事人秘録」の第13回では、アニメ音楽に本腰を入れ始めた時期を思い起こします。

<<(12)事務所から独立、いきなり無給 バンド解散で窮地に
(14)進化したアニメにふさわしいアニソンを 起業を決心 >>

ネバーランドの活動が行き詰まり、音楽活動に転機が迫っていた。

ネバーランドが解散する前年の1989年。武田鉄矢さんのライブのバックバンドに参加しました。楽曲の演奏だけでなく、朗読劇では風や波の音をキーボードで表現する特殊効果のような演奏もやりました。公演は年間130本くらい。ギャランティーも良かった。しかも、ネバーランド全員で武田さんの地方公演を追いかけ、現地で自分たちのライブも開いてしまう。一石二鳥ですね。

バックバンドの仕事に不満はありませんでした。それでも公演を重ねると、次第に危機感が募りました。武田さんに依存した音楽活動でいいのか。武田さんがコンサートを開かなかったら、どうなってしまうのか。(海援隊のヒット曲の)「思えば遠くへ来たもんだ」を弾きながら感傷に浸ってしまって「このままじゃダメだ!」と。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集