クッキーや納豆…ひたすら「一品」食べ放題24歳記者、3店で記録更新

クッキーに納豆、空揚げ――。単品の食べ放題サービスを提供する店が増えている。ひたすら同じ物を食べ続ける点は、様々な料理を提供する従来の食べ放題とは一線を画す。店側は何を狙い、客はどう受け止めているのか。体重86キロの日経MJ新人記者(24)が大食いに挑戦しながら探った。
クッキーの食べ放題に挑戦する女性客(東京都豊島区の「アントステラEsola池袋店」)

東京・池袋の商業施設、「Esola池袋」地下一階に、クッキー専門店「アントステラEsola池袋店」がある。9月下旬の開店からすぐに行列ができる人気店になった。880円を支払うと、1時間にわたって約16種類のクッキーが食べ放題(ワンドリンク付き)になるのが売りだ。

「自分のペースで楽しく食べられればいい」(19歳女子大生)という女性客が多い中、これまでの記録である30枚を目指してチャレンジを始めた。まず食べたのは「チョコチップクッキー」。さくさくとしながらもしっとりとした食感でおいしい。運営するアントステラ(東京・渋谷)によると、「濃厚な味わいに仕上げるために、バターをふんだんに使っている」という。

最初は快調に食べ進んだが、15枚を過ぎたあたりからスピードが落ちてきた。直径は7センチと大きい。最初はおいしいと感じた甘さも単調に感じてくる。とはいえ狙いは記録更新。普段、ご飯を2杯や3杯おかわりする胃袋には自信もある。最後は水の力も借りて33枚を食べきった。新記録だ。

次に挑んだのは「納豆工房せんだい屋 池尻大橋店」(東京・世田谷)。780円のごはんやみそ汁などがついた定食を注文すると、8種類の納豆が食べ放題となる。時間は午前11時から午後3時までだ。

納豆食べ放題では35パックを食べ新記録を達成(東京都世田谷区の「納豆工房せんだい屋池尻大橋店」)

挑戦開始。大の納豆好きということもあり、15パックまで一気に食べ進んだ。食事を共にした、この日が3回目という26歳の男性会社員は「納豆の食べ放題は他にない。価格も安いので、つい来てしまう」と話す。運営するせんだい(山梨県笛吹市)によると納豆はすべて自社製だという。

従来記録は34パック。「余裕で記録更新だ」と高をくくっていたが、次第に口が動かなくなる。最初は珍しさから大粒の納豆ばかり食べたが、作戦を変更。比較的食べやすい小粒に切り替えた。最後は「ひき割り」を水の力で流し込み35パック。記録更新だ。

MONO TRENDY連載記事一覧