野望はゲームで「世界制覇」 常に新しい切り口を追求コーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長

――eスポーツにはどう関わっていきますか。

「格闘ゲームシリーズの『デッド オア アライブ』でeスポーツをやっています。『三国志ヒーローズ』の対戦というのも将来を見据えてやっています。今年中に主催者として対戦の大会をしたいなと思っています」

――「500万本売れる大型タイトル」を計画に掲げています。

「今(開発の)最終くらいです。歴史シミュレーション系かというところを含めてまだお話しできません(笑)」

海外とコラボ M&Aも視野

――さらなる経営統合は考えていますか。

「M&A(合併・買収)はどんどんやっていきたいなと。パッケージソフトを作っている会社でも、スマホゲームを作っている会社でも」

――社長の野望は。

「グローバルIPを目指したい。海外の有力な会社との協業が非常に大切です。歴史IPとは限らなくて、当社が持つ技術力とのコラボレーションもありえます。当社のシミュレーション技術とかアクションゲームや無双のエンジンなどのゲームのシステムと、海外のIPやキャラクターとのコラボがどんどん行われていくと思います」

――クリエーターのシブサワ・コウさんとしては今後どんなゲームを作り出しますか。

「びっくりするようなゲームの材料、いっぱいあります。3年(の経営)計画作ってますけれども、4年目とか5年目あたりに作ろうというのも仕掛けてます。今忙しくて楽しいときです」

(聞き手は日経MJ編集長 半沢二喜)

襟川陽一
1973年慶大商卒。78年光栄(現コーエーテクモゲームス)を設立し社長に。99年会長。2001年に病気で経営の一線から退き、最高顧問に。10年コーエーテクモホールディングスの社長に就任。栃木県出身。69歳。
■ライセンスで増収
コーエーテクモホールディングス(HD)の2020年3月期の売上高は前期比10.3%増の430億円、営業利益は同0.8%減の120億円を見込む。中国で三國志のスマホゲームがヒットし、キャラクター使用のライセンス収入が増加。今年1月に発売した「三國志14」、3月発売予定の「仁王2」と期待作の投入が続く。
21年3月までの中期経営計画で売り上げ500万本級のパッケージゲーム、月間10億円を超えるスマホゲームの開発を掲げる。新作への期待が膨らむ一方、開発費などはかさむ。IP(知的財産)で収益を上げながら投資を続けられる好循環は同社のおはこだが、これを続けられるか、注目だ。(藤井太郎)

[日経MJ2020年2月17日付]

マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら