U22

ホンネの就活ツッコミ論

学業欄はどこまで書く? エントリーシートの5大疑問 ホンネの就活ツッコミ論(98)

石渡嶺司 大学ジャーナリスト

2019/3/15

写真はイメージ=PIXTA

今回のテーマは「エントリーシートの素朴な疑問」。エントリーシート・履歴書の提出ラッシュで私のところにも学生からのエントリーシート添削依頼・就活相談が殺到しています。今回はエントリーシートについての素朴な疑問について5点、お答えします。学生の疑問は「なんでも自己PRを入れた方がいい?」「学業欄はどう書けばいい?」「逆求人型サイトの自己PR欄」「ガクチカ欄は苦労したことでないとダメ?」「『自由に書け』はどう書く?」です。

■疑問1:「なんでも自己PRを入れた方がいい?」→抑えめに

学生の質問「自己PR欄だけでなく、『ガクチカ』(学生時代に力を入れたこと)や趣味・特技欄などにも自己PRを入れた方がいいとキャリアセンター職員にアドバイスを受けました。本当ですか?」

うーん、いまだにいますね。就職指導で自己PR過剰症候群に陥る方は。確かに自己PRをどんどん出した方が有効な時期、というのはありました。ですが今は学生有利の売り手市場。しかも企業側もエントリーシートを相当、研究するようになってきました。

それもあって、どの欄にも自己PRを入れればいい、とは決していえない状況です。そもそも日常会話でもちょこちょこ「俺(私)ってすごい」アピールを入れる人、どう思います? ちょっと鬱陶しいと思うはず。それと同じです。

なお、志望動機欄には、むしろ自己PRを入れた方が有効、という手法を勧めるキャリア関係者がいます。本でいうと『凡人内定』シリーズ(3冊ともKADOKAWA)。私も書くネタに困る中小企業や大企業でも事業が広すぎる企業の場合、この手法は有効と考えて学生に勧めています。なお、志望動機に自己PRを交ぜる場合、自己PR欄があるのであれば、別々のネタにした方がアピールはしやすいでしょう。

■疑問2:「学業欄はどう書けばいい?」→ウエットな話も

学生の質問「学業欄が結構長くて、どこまで書くか悩みます。研究職ならともかく、私の志望は総合職。企業はそんなに学業欄に興味があるのでしょうか? 私の場合、卒業論文のテーマもまだ模索中なのですが」

理工系学部から技術職・研究職を目指す場合、この学業欄で企業が求める研究内容に合致しているかどうかを結構、読み込みます。そのため、就活生は結構、細かい内容まで書くことが求められます。

U22 新着記事

ALL CHANNEL