西武池袋本店 衣料・雑貨をパーソナルオーダー客前作業でコト消費喚起

日経MJ

2018/9/4
特殊な技術で1着丸ごと立体的にニットを編み上げる編み機は売り場で来店客の目を引く
特殊な技術で1着丸ごと立体的にニットを編み上げる編み機は売り場で来店客の目を引く

そごう・西武(東京・千代田)が運営する西武池袋本店(東京・豊島)にある売り場「パーソナルオーダー」がじわじわと支持を広げている。衣料や雑貨のオーダーメード、仕立て直し、リメークまで幅広く手掛け、顧客一人ひとりがイメージする「自分仕様」を作れる。既製品にはない魅力で来店頻度を上げ、新規顧客を獲得する狙いだ。

■縫い目のないニット、目の前で編み上げ

4階の婦人服フロアに6月22日に開いた紳士・婦人共用の売り場には主に2つの機能がある。1つ目が「オーダー」だ。

ニットオーダーブランド「ワタシメイド」では自分の好きなニットを作れる。素材は心地よい海島綿か上質なカシミヤシルクか、さらに、4種のえりの形、2種の着丈と3種の袖の長さ、11の色と6つのサイズから選ぶ。価格は1万6200円から、製作期間は約1週間から。タグに名前を刺しゅうで入れられ、まさに「世界に一つだけのニット」となる。

来店客の目を引くのが、島精機製作所(和歌山市)製の編み機だ。「ホールガーメント」と呼ばれる独自技術を用い、ニットを1着丸ごと縫い目なく編み上げる。ミシンと刺しゅう機もずらりと並び、そごう・西武の店舗戦略部の平井一也部長は「ものづくりの雰囲気を透明なガラス越しにライブ感覚で楽しめる」と説明する。通りすがりに足を止めて見入る客の姿が多いという。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019