日経クロストレンド

間口が広いからこそラインアップを拡充

家庭の食卓以外でも、家飲み需要や健康志向の高まりから、ギョーザのニーズは広がっている。前出のインテージが、冷凍食品を購入するユーザーを対象に行った21年4~9月のアンケートでは、「初めて購入した冷凍食品」として「ギョーザ」と答えた回答者が一番多かった。2位以下には「チャーハン類」「パスタ」など主食が並んでおり、おかずではギョーザが圧倒的な人気となった。40代以下の単身者から子供のいる両親まで、ユーザー属性(世代や性別、所帯の有無)にかかわらず、冷凍食品を買うきっかけとしてギョーザが選ばれやすい傾向にある。

間口の広い商品だからこそ、味の素はできるだけ幅広いニーズをカバーできるよう、商品ラインアップをそろえる。定番のギョーザに加え、晩酌のおつまみとしての黒胡椒にんにく餃子、健康志向の方に向けたシャキシャキやさい餃子、食物アレルギーの人のための米粉でつくったギョーザ、とにかく時短したいときにはレンジで焼ギョーザなど、ユーザーがその時々の気分に合わせて商品を選択できるようにした。

定番商品だけでは満たせないニーズを、新発売の商品ラインアップでくみ取る(画像は味の素が作成した資料)

「冷凍ギョーザ市場のターゲット層はまだまだ広がっていく。例えば毎年一定数、一人暮らしをすることで自炊を始める若いユーザーがいる。こうした初めて冷凍食品を買って調理するようなユーザーを、しっかり取り込むことを重視していく」(大竹氏)

味の素の20年度の調査によれば、年間で冷凍ギョーザを買う人は43%。購入者は平均で年間6パックを購入している。これらの数字を伸ばすのが目標。「これまで冷凍ギョーザを購入していないユーザーが、毎週買うようになれば、年間52パックと大きく売り上げが伸びる」と大竹氏。発売50周年を迎える王道の冷凍ギョーザシリーズで、さらなる市場を開拓すべく布石を打つ。

(ライター 佐藤隼秀、写真提供 味の素)

[日経クロストレンド 2022年2月14日の記事を再構成]

「ヒットを狙え」の記事一覧はこちら

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。