日経PC21

長時間駆動の第11世代Core i3搭載2in1「dynabook V4」

図8 「dynabook V4」は第11世代Core i3を搭載した13.3型の2in1モバイルノート。2in1の「V」シリーズの中でエントリーモデルの位置付け。重さ979グラムと軽量ながらバッテリー駆動時間は24時間。独自の冷却・放熱技術「dynabookエンパワーテクノロジー」によって、CPUの処理性能を最大で約1.7倍引き出せるという。実売価格は19万8000円前後
「dynabook V4 P1V4UPBB」(Dynabook)
●Core i3-1115G4●メモリー:8GB●ストレージ:256GB SSD(PCIe)●ディスプレー:13.3型(タッチ対応)●OS:Windows 11 Home●主なインターフェース:Thunderbolt 4×2、USB 3.2(Gen 1)、HDMI、マイクロSDカードスロット●無線LAN:Wi-Fi 6●生体認証:顔●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:24時間●サイズ:幅303.9×奥行き197.4×高さ17.9ミリ●重さ:979グラム●オフィス:Office Home & Business 2021
図9 ボディーの厚さは18ミリを切る。左側面にThunderbolt 4端子を2つ搭載し、充電や映像出力に対応。右側面にはタイプAのUSB端子などを備える。なお、ボディーはMIL規格に準拠した耐久試験をクリアしている
図10 キーボードはJIS配列の86キー。キーピッチは19ミリ、キーストロークは1.5ミリを確保。赤く光るバックライトを搭載する
図11 ヒンジ部分が360度回転してタブレットスタイルに変形する。ディスプレーは非光沢でIGZO液晶を採用。4096段階の筆圧感知に対応する、ワコム製のアクティブ静電ペンが標準で付属している

耐久性に優れた軽量モバイル「dynabook GS4」

図12 「dynabook GS4」はコストパフォーマンスを重視したモバイルノート。13.3型ながら978グラムと軽量で実売価格は16万円前後。図8の「V4」と同様に「dynabookエンパワーテクノロジー」を搭載。こちらもMIL規格に準拠した耐久試験をクリアしている
「dynabook GS4 P1S4UPBL」(Dynabook)
●CPU:Core i3-1115G4●メモリー:8GB●ストレージ:256GB SSD(PCIe)●ディスプレー:13.3型●OS:Windows 11 Home●主なインターフェース:Thunderbolt 4×2、USB 3.2(Gen 1)×2、HDMI、マイクロSDカードスロット●無線LAN:Wi-Fi 6●生体認証:なし●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:14時間●サイズ:幅306×奥行き210×高さ17.9ミリ●重さ:978グラム●オフィス:Office Home & Business 2021
図13 キーボードはJIS配列の86キー。キーピッチは19ミリ、キーストロークは1.5ミリを確保している
図14 右側面には有線LANやマイクロSDカードスロット、タイプAのUSB 3.2(Gen 1)、左側面にはThunderbolt 4やHDMI出力端子などを搭載する
図15 液晶ディスプレーは非光沢で解像度はフルHD。180度まで開く

(ライター 五十嵐俊輔)

[日経PC21 2021年12月号掲載記事を再構成]