パナソニックの電動アシスト自転車 軽量で通勤も楽に

パナソニックサイクルテックは、電動アシスト自転車のモーター部分であるドライブユニットを従来品に比べて約24%(約900グラム)軽量化することに成功したという
日経クロストレンド

パナソニックサイクルテック(大阪府柏原市)が、電動アシスト自転車のモーター部分であるドライブユニットを従来品に比べて約24%(約900グラム)軽量化。この「カルパワードライブユニット」を搭載した新型6車種を、2021年12月3日から順次発売する。

新型コロナウイルスの感染拡大が続いた20年度は、密にならない通勤手段、レジャーアイテムとして自転車への関心が高まり、日本国内の販売台数は前年比114%の約760万台となった(経済産業省・生産動態統計および同社による推定値)。中でも電動アシスト自転車は好調で、16年の全自転車販売台数に対する電動アシスト自転車の普及率が7.5%だったのに対し、20年は10.8%まで拡大し、約82万台が販売された(同社による推定値)。

しかし、ドライブユニットやバッテリーを搭載する電動アシスト自転車は、一般的な自転車よりも重くなる。降りて押し歩きする際など、取り回しが悪くなるのが難点だ。そこで同社は軽量化に向け、ドライブユニット内にある基板のデジタル化を進めて部品点数を削減。さらにネジ1本まで軽さにこだわったという。

街乗り・買い物用モデル「ビビ・SL」は、カルパワードライブユニットに加え、フレーム形状の一部を卵型にすることで強度を保ちながら軽量化を図った。フロントバスケット(前かご)にもカーボンを配合し、質量19.9キログラムを実現。シニア層でも使いやすいモデルとなっている。

カルパワードライブユニット搭載モデルには、通学用に使いやすい「ティモ・A」、ビビ・SLよりもアシスト走行距離が長い「ビビ・L」「ビビ・L・20」、子乗せモデルの「ギュット・クルームR・EX」「ギュット・クルームR・DX」を用意。全モデルを通して本体の軽さだけでなく、走行した際の軽さにもこだわった。

「ビビ・SL」、希望小売価格12万5000円(税込み、以下同)。変速機方式は内装3段で質量は19.9キログラム(タイヤサイズ24型)。バッテリーはリチウムイオン(8.0アンペア時=Ah)で、充電時間は約3時間。2021年12月3日発売予定
サドルの高さを同社従来品と比べて約5センチ低くし、足が地面に着きやすくなり、停車時の乗り降りも安定する
次のページ
通学、通勤の電動アシスト化に期待
MONO TRENDY連載記事一覧