電動自転車のお国柄 欧州はスポーツタイプ、日本は

子乗せや街乗り、自転車旅用、オフロード走行可能なモデルまで車種多様化が進む電動アシスト自転車(画像提供/BESV JAPAN〈左〉、星野知大〈中央、右〉)
日経クロストレンド

2020年度に続き、電動アシスト自転車の売り上げが堅調だ。欧米では車種の多様化も進み、日本以上に販売数が伸びている。その流れを受け、日本にも海外メーカーが上陸。スポーツタイプの電動アシスト自転車「e-BIKE」をはじめ、車種の多様化による市場拡大の兆しがある。

新型コロナウイルスの感染拡大で、緊急事態宣言の発令などが続いた2020年は、密にならない通勤手段、レジャーアイテムとして自転車への関心が高まった。経済産業省「生産動態統計」によれば、完成自転車の出荷金額は19年の732億9443万6000円から20年は770億878万8000円と増加している。

また、自転車産業振興協会「自転車国内販売動向調査 年間総括【2020年】」の調査対象(※1)の100店舗中、1店舗当たりの平均年間車種別新車販売台数構成比によれば、19年は一般自転車49.2%、スポーツ車22.5%、電動アシスト自転車10.1%だったのに対し、20年は一般自転車43.6%、スポーツ自転車24.1%、電動アシスト自転車12.0%に。休日のレジャーに使用するスポーツ自転車や、通勤用としても注目された電動アシスト自転車の売り上げが伸びた。

※1:「自転車国内販売動向調査」は全国を5ブロック(北海道・東北、関東、中部・北陸、近畿、中国・四国・九州)に分け、各ブロック20店舗、計100店舗を対象に調査。各ブロック内は、年間の自転車販売台数に基づく店舗規模別に分類し、全国で小規模店(年間100台以下)35店舗、中規模店(年間101~250台)35店舗、大規模店(年間251台以上)30店舗になるように対象店舗を割り当てた。

欧州はe-BIKE中心に市場拡大

自転車市場は日本だけでなく、自転車道やシェアサイクルなどの整備が進む欧州でも、コロナ禍以前より拡大している。例えば人口当たりの自転車保有台数が日本の0.54台を上回る0.9台(『自転車産業振興協会統計要覧 H29.6』)の自転車大国ドイツでは、20年の出荷台数が前年比16.9%増の504万台、自転車市場規模は前年比61%増の64.4億ユーロ(約8372億円)となっている(『自転車産業振興協会 ドイツ自転車市況2020』)。

中でも販売シェアは電動自転車(日本での電動アシスト自転車とほぼ同義)が38.7%を占め、20年の販売台数は前年比43.3%増の195万台と、日本以上に電動アシスト自転車の人気が高まった。

日本では電動アシスト自転車といえば、買い物向けや通勤・通学、子乗せ自転車といった生活用自転車(シティーサイクル)が大部分を占める。一方、20年のドイツの電動自転車販売比率は、日本の生活用自転車に近い使われ方をしているシティー車が28.0%なのに対し、自転車旅などで使われるトレッキング車が35.5%、オフロードツーリングなどを楽しむe-MTBが30.0%を占めており、スポーツタイプの電動アシスト自転車、いわゆる「e-BIKE」の比率が高い。

30代以上に売れる高級e-BIKE

実は電動アシスト自転車自体は日本で誕生した(※2)。現在、日本ではこぎ出しから電気モーターのアシストが始まり、時速10キロメートルを超えるとアシスト力が徐々に低下し、時速24キロメートルでアシストが切れるシステムが採用されている。一方、欧州や北米では10年ごろからe-BIKEの人気が出始めたが、これらの地域で開発されたモデルは日本とは異なるシステムを採用していたため、日本への投入が遅れた。

その後、18年に自動車部品のメガサプライヤーであるドイツのBosch(ボッシュ)や、世界最大手の自転車コンポーネントメーカーである日本のシマノが、日本市場向けの電動アシストユニットを発売。これを機に海外メーカーの電動アシスト自転車の日本投入が始まり、徐々にではあるがe-BIKEの車種も増加している。

※2:ヤマハ発動機によれば1993年11月1日に地域限定で発売された「ヤマハ パス(26型)」が世界初の電動アシスト自転車。

20年5月27日にキャノンデール・ジャパンから発売された米国メーカーのキャノンデールの「Topstone Neo Carbon Lefty 3(トップストーンネオカーボンレフティ3)」(64万2400円、税込み、以下同)はe-BIKEとグラベルロードバイク(砂利道〈=gravel〉などの未舗装路も走れるドロップハンドルのスポーツバイク)を融合したバイク(画像提供/キャノンデール・ジャパン)

こうした海外メーカーがラインアップするのは、50万~100万円を超える高価格帯のe-BIKEが中心だ。スペシャライズド・ジャパンが21年1月に発表した「TURBO CREO SL」(19年12月より展開しているロードバイク型e-BIKE)の購入者向けアンケート調査(20年12月24日~21年1月5日に実施)によれば、購入者層は30代が13.6%、40代が20.5%、50代が34.1%、60代が22.7%で、70代以上も6.8%存在する。使い方は「主にロングライドやグループライド(ペアライドを含む)などでご活用いただいている方が約5割」(スペシャライズド・ジャパン)で、既にロードバイクなどスポーツ自転車を趣味としている層に売れていることがうかがえる。

米国のスペシャライズド「TURBO CREO SL」(57万2000円~)シリーズは、重量は一般的なe-ロードバイクの半分ほどの12.2kgからと軽く、アシストが切れても走りやすいのが特徴。密にならないレジャーとして人気が高まっているキャンプライド(自転車キャンプ)に最適(画像提供/スペシャライズド・ジャパン)
次のページ
折り畳みe-BIKEが売れ始めた