くら寿司がZ世代向け店舗 目指すはSNS映え世界一

日経クロストレンド

くら寿司が東京・渋谷の原宿にオープンした「くら寿司 原宿店」はZ世代を意識した店舗。SNS映えを意識した仕掛けをいくつも用意している
日経クロストレンド

回転すしチェーン大手のくら寿司は2021年12月9日、新店舗を東京・渋谷の原宿にオープンした。「くら寿司 原宿店」は、くら寿司が観光と食事を同時に体験できる場所として展開しているグローバル旗艦店の第3号店。Z世代に向けた仕掛けを数多く備えているのが特徴だ。

「くら寿司 原宿店」は、Z世代(1990年代後半以降に生まれた10代後半から25歳前後)に向けた新店舗。同店の出店に当たってくら寿司が目指したのは「世界一映える寿司屋(すしや)」だ。くら寿司ではZ世代をSNS(交流サイト)での情報発信に積極的な世代と捉えており、彼らに江戸の大衆文化である「握りずし」の魅力を、原宿から世界に向けて発信してもらう狙いがある。

原宿店の店舗面積は通常の店舗の2倍に当たる約700平方メートルで、席数はボックス41席、カウンター7席の計245席。道頓堀店(大阪市中央区)に次いで2店舗目となるのれん付きの半個室に加え、障子を閉めることで個室になるボックスシートも初めて採用した。原宿の街並みを見下ろせるテラス席、スタンド席もあり、客は自席で注文を済ませた後、それらの席に移動して景色と食事を楽しむことができる。

次のページ
店舗デザインの監修に佐藤可士和氏