商品の説得力を増やすため動画内で実験も

企業からの広告動画の依頼も多い。「サロニア」の「イオンフェイシャルブラシ(電動洗顔ブラシ)」の動画では、卵黄を使った実験をしたり(右)、温感機能などの効能も分かりやすく説明している(左)

企業案件で作成した動画で話題となったのが、21年7月に投稿した「サロニア」の「イオンフェイシャルブラシ(電動洗顔ブラシ)」。卵黄に当てても割れないくらい摩擦が少ないというのがセールスポイントだったため、動画では実際に実験した映像も差し込んだ。「実験系の動画は説得力が増すので再生回数が伸びやすいんです。また、卵黄の実験映像に関しては、あえて冒頭に持ってくることで『なんだこれ?』と視聴者の興味を引く構成にしました。TikTokは見始めてから3秒以内に面白さを伝えることが大事なので」。この動画は200万再生を記録しており、売り上げにも大きく貢献した。

自身の経験と知見を踏まえて、クライアントに提案ができるのも彼女の強みだ。例えば、商品に関して「この情報を全部入れてください」との要望が来た際も、冷静に判断した上で、「この要素は入れないほうが再生回数は伸びると思います」と進言することもあるという。「情報が多いと動画が長くなってしまい、TikTok上でのニーズが低くなってしまうことがあるんです。できるだけたくさんの人が得をする動画にするよう心掛けているので、企業側、視聴者側、どちらにも寄りすぎない、うまくバランスが取れたものを作ることを常に意識しています」

美容アイテムの開発やフェムテックにも興味

自発的に投稿する動画も企業案件の動画も、基本的に向き合うスタンスを変えずにやってきたことが、62万人というフォロワー数につながっている、やみちゃん。将来的には、これまで培ってきた経験と知識をもとに、美容アイテムの開発を手掛けるというビジョンも持っている。「使って納得してもらえるアイテムを作るのはもちろんなんですが、手に取りたくなるようなパッケージや、見た目が美しいデザインにもこだわりたいですね。これまでいろんな動画を作ってきて、映えることがバズることにつながる例を数多く見てきたので」。

また、近年注目度が上がっている、女性の抱える身体の悩みをテクノロジーで解決するフェムテック系への参入も考えているという。今後も活躍する場面はさらに増えていきそうだ。

(記事中のデータは21年11月時点)

『TikTok ショート動画革命』
 BGMとして使われた楽曲が相次いでヒットしたのを振り出しに、小説やコスメ、食品・飲料、高級車や高級旅館まで、動画で紹介された商品が次々と人気になり、“TikTok売れ”なる言葉も定着。TikTokは「消費を動かすプラットフォーム」として、最注目のツールとなった。その高い拡散力の源はどこにあるのか? 実際にTikTok発で売れた商品はどんな施策を行ったのか? ヒットを誘うクリエイターたちの動画作りの秘訣は?など、TikTok Japan初の全面協力の下、豊富なケーススタディと関係者インタビューを通じて、“TikTok売れ”の極意を明らかにする。(日経BP/1760円)

TikTok ショート動画革命

著者 : 日経エンタテインメント!
出版 : 日経BP
価格 : 1,760 円(税込み)