健在!Pepper プログラミング教育で子供のアイドル

沖縄県国頭郡本部町立瀬底小学校に導入されたペッパー。瀬底小学校は本部町のICT(情報通信技術)教育推進校で、今回は企業がソフトバンクロボティクスとレンタル契約する企業支援スキームを活用
日経クロストレンド

2014年に発表された人型ロボット「Pepper(ペッパー)」。ソフトバンクショップの店頭に加え、最近は福岡ソフトバンクホークスを応援する姿を目にした人も多いはずだ。そんなペッパーが今、教育分野で活躍している。

15年に国内での販売がスタートしたペッパーは、人の感情を認識して会話できるロボットとして、商業施設での接客や受け付けなどに活用されてきた。20年夏に生産を一時停止しているものの、接客以外にも教育分野で存在感を示している。

ソフトバンクグループは17年、プログラミング教育の教材としてPepperを全国の小・中学校・高等学校などを対象に無償貸与する「Pepper社会貢献プログラム」を開始。18年に「Pepper社会貢献プログラム2」を、さらに21年4月にはペッパーに加え、プログラミングツールや教育アプリなどをセットで提供する「Pepper for Education」というサービスを始動した。現在までにペッパーは約1000校で活用され、4万回の授業が行われているという。

「小学校での活用が最も多い」と、ソフトバンクロボティクス(東京・港)のコンテンツマーケティング本部コンテンツマーケティング統括部Humanoid事業部戦略推進課担当課長、長﨑徹眞氏は語る。例えば沖縄県国頭郡本部町立瀬底小学校では、ペッパーをプログラミング教育だけではなく、生徒への図書案内や図書検索支援などにも活用しているという。

次のページ
「プログラミング的思考」を養う