「優秀な人ほど転職する」は本当? 焦ると危険な理由

日経クロステック

キャリアアップや人間関係構築、給与などの待遇面、転職や起業――。技術者の多くは、自分の働き方について様々な悩みや不安を抱えています。人事コンサルタントとして様々な企業の職場活性化を支援する天笠淳さんが、こうした不安を解消し、働く楽しみを見いだすための具体的な方法を紹介します。

「優秀な人ほど転職する」という話をよく聞きます。転職していく同期を何人も見送りながら、今の会社に残っている自分はこの人たちと比べて劣っているのではないかと思っている人もいるかもしれません。

筆者は、転職する人が優秀な人だとは思いません。例えば20~30代でも、現職で求められる能力が足りずに退職したり、不祥事を起こして会社にいられなくなったりする社員はいます。

ハラスメントで退社する人もいます。転職先でもまたハラスメントに遭い、しかし面接対応能力は高く、すぐに次の転職先を見つける人もいます。こうした人たちが転職によってキャリアアップしているかというと、必ずしもそういうわけではありません。

中小企業で自分の力を試すべきか

そうはいうものの、隣の芝生は青く見えるものです。特に現職に満足していない場合、転職していく同僚をまぶしく感じるのは無理もないでしょう。

だからといって「自分も転職しなければ」と焦るのはやめましょう。仮に、転職した同僚が優秀な人だったとしても、転職先でもその能力が発揮される保証はありません。

このコラムでも触れていますが、その人が転職先に合うとは限りません。企業風土などと呼ばれる会社の雰囲気や、事務のプロセス、管理体制などの違いは大きな問題です。例えばメーカーで品質管理の仕事をしていたとしても、その仕事内容は業界ごとに異なります。求められる管理のレベルも企業によってまちまちです。

大企業から中小企業に転職する人の中には「中小企業では大企業ほどのレベルは求められないだろう」と考えている人もいますが、それは間違いです。取引先に高い品質を求められ、前職よりも仕事が大変になったという話も聞きます。

また中小企業では、1人当たりの役割が広くなることも多くあります。それを果たしきれず、大企業で働いていた頃のような成果を上げられなくなる人も少なくありません。

大企業という看板からあえて離れて「中小企業で自分の力を試したい」と転職する人もいますが、容易ではありません。転職して初めて、看板がない状態で働くことの厳しさを知る人もいます。

次のページ
転職市場で「優秀」であれば幸せなのか