韓国ドラマ、Netflixで大ヒット 日本で人気の訳はラブストーリーの新潮流 韓国ドラマ編(上)

日経エンタテインメント!

2020年、Netflixで『愛の不時着』『梨泰院クラス』が相次いで大ヒットし、コロナ禍のなか、日本でもさらに人気を伸ばした韓国ドラマ。03年に日本に上陸した『冬のソナタ』から、ラブストーリーには定評のあった韓国作品だが、今回、その視聴者層は大きく広がった。

そもそも、なぜ韓国のラブストーリーは、日本でこれほどまでに愛されるのか。韓国ドラマを長年見続けている、韓国エンタテインメント・ナビゲーターの田代親世氏は、次のように分析する。

「日本の恋愛ドラマが物語で視聴者を引き込む“ストーリー押し”だとすると、韓国の恋愛ドラマは、物語の中の場面描写を重視する“シーン押し”と言っていいでしょう。例えば、男性が女性の涙を指でそっとぬぐったり、ふとしたことで手と手が触れたり。そんなシーンを印象的に描くことで、視聴者をキュンと熱くさせるのが上手です。実は、カットされても話は十分につながるシーンも多いのですが、映像として記憶に残るので、視聴者はついまた見直したくなるんです」(田代氏、以下同)

古くはユン・ソクホ監督の四季シリーズ第1作『秋の童話』(00年)のソン・スンホンとソン・ヘギョが窓を拭く場面。窓越しに少しずつ2人の指が重なり、最後に小指と小指が重なるシーンは今なお名場面として語り継がれている。「『愛の不時着』では、ジョンヒョク(ヒョンビン)がセリ(ソン・イェジン)の髪を結んであげたり、自転車を2人乗りしたりといった何気ないシーンの積み重ねも、視聴者に好まれたところだと思います」

もう1つ田代氏が指摘するのは、韓国ドラマの特徴でもある、“ドロドロ”な人間関係だ。例えば、三角関係や浮気や不倫といった裏切りや欲望、相手との濃厚なコミュニケーション……これらを韓国ドラマは、容赦なく直接的に描く。ここには、「韓国人の物事を徹底的に突き詰めがちな国民性と文化が背景にあるのでは」と田代氏は話す。

「日本人からすると『ここまでやれば十分でしょう』と思うところも、韓国ではお互い気が済むまでやり合うことによって、逆に理解が深まると考えるのでしょう。そのコミュニケーションに触発されて、視聴者側も深淵に入らざるを得なくなる。感情を揺さぶられ、スリルを感じます。見終わるとドッと疲れることもありますが(笑)」

「印象的なシーンの散りばめ」と「登場人物同士の徹底したコミュニケーション」。その2つの強みに加えて、昨今の韓国ラブストーリーは、さらに魅力を増している。ここ以降は、近年の人気作品から見て取れる、韓国ラブストーリーの最新トレンドをチェックしていきたい。

TREND 1:潤沢な資金で壮大なスケール

21年2月、Netflixは韓国発の作品に約520億円の投資をすることを発表。遡ること19年には、同社は韓国の制作会社スタジオドラゴンに約100億円を出資し、CJ ENMに次ぐ大株主に就いている。

Netflixは韓国エンタメ界を非常に重視している。海外でのDVDのリリースをせずにNetflixで独占配信することを条件に、制作費を出資するケースが目立つ。制作サイドにとって、事前に膨大な予算を確保できるのは、大きなメリットだろう。


『ボーイフレンド』
 政治家の娘として感情を押し殺しながら生きてきたスヒョン(ソン・ヘギョ)は、出張先のキューバで純粋な青年ジニョク(パク・ボゴム)と出会う。帰国後、2人はホテルオーナーとそのホテルの新入社員という立場で再会するが、次第に引かれ合うようになる。キューバを生き生きと旅する、斬新なウェーブヘアのパク・ボゴムが魅力的。(U-NEXTにて配信中)

注目は、特にスタジオドラゴンが手掛ける作品。イ・ビョンホン主演の『ミスター・サンシャイン』(18年)はテレビドラマとしては異例の430億ウォン(約40億円)という制作費が話題になり、各話それぞれが映画並みのクオリティーで作られている。コロナ前には『愛の不時着』がスイスやモンゴルで、『ボーイフレンド』(18年)はキューバで撮影されるなど、豪華な海外ロケが話題になった。

次のページ
TREND 2:新しいヒロイン像の誕生
エンタメ!連載記事一覧