「韓国風もみのり」なぜ売れる?10年前は鳴かず飛ばず

現在市場をにぎわす、韓国風のもみのり
日経クロストレンド

2018年度に半世紀ぶりの凶作にみまわれ、大打撃を受けた国産のりだが、農林水産省の「令和2年漁業・養殖業生産統計」によれば、19年の加工のり生産量は約64億枚、20年の加工のり生産量は約75億枚と、回復してきているという。この回復に一役買っているのが、韓国で親しまれている「もみのり」を日本風にアレンジした韓国風もみのり製品だ。「元祖ぶっかけ韓国のり」が、18年に韓国食材専門商社のオリオンジャコー(群馬県館林市)から発売されヒットすると、日本メーカーが続々と新製品を開発。今やのり業界を活性化する起爆剤として期待がかかるカテゴリーになっている。「韓国のりをフレーク状にしただけ」ともいえる製品が売れているのはなぜか。

「元祖ぶっかけ韓国のり」が火付け役

きっかけとなったオリオンジャコーの「元祖ぶっかけ韓国のり」は現在までに累計1000万個以上売れており、新型コロナウイルス禍以降は「需要に供給が全く追いついていない状況」(オリオンジャコー)だという。

この影響は他社にも波及した。

永井海苔(愛知県豊橋市)が2012年9月から販売しているロングセラーの「韓国味付ジャバンのり」も売り上げが急上昇。21年の売り上げは19年比で約3倍の380万個を突破しており、今後は売上高で10億円を目指すという。「白子のり」の白子(東京・江戸川)が19年6月に発売した「サクうま韓国のり(30g)」も、発売時から21年8月までの販売個数が約103万個に上り、これまでに2億1000万円を売り上げている。

さらに小善本店(東京・台東)が21年4月1日に発売した「のりカケルくん」は、シリーズ3品が半年足らずで1億円以上の売り上げを記録。同社はコンビニのおにぎりののりなどの業務用と市販用を扱うのり企業で、「広い販売網を持つPB(プライベートブランド)商品は爆発的に売れることもあるが、弊社のNB(ナショナルブランド)商品としてはあまり見たことがないスピードの売れ方」(小善本店 商品開発本部 小林智則本部長)と驚きを隠さない。

現在の人気のきっかけとなった、オリオンジャコーの「元祖ぶっかけ韓国のり(70g)」(希望小売価格税抜き500円)。卵黄がどかん!と乗ったインパクトのあるシンプルなパッケージデザインが特徴。日経POSセレクションで2019年、20年、2年連続売り上げNo.1(カテゴリー:韓国風味付けのり)、20年PREMIUMを獲得(写真提供/オリオンジャコー)
次のページ
12年の発売時は鳴かず飛ばずで終売