MEN’S EX

2022/6/1

MONTEDORO(モンテドーロ)=上の写真左上

タイドアップも決まる大人のワークテイスト

4パッチポケット&コンパクトなピークドラペルでワーク調に仕上げたコットンジャケット。シーム周りに浮いたアタリが味わいを深めている。Tシャツやニットを合わせるのが定番だが、あえてオックスフォードシャツやニットタイでドレスアップするのも粋。ラギッドに見えすぎない装いがハマりそうだ。9万3500円(阪急メンズ大阪)

MACKINTOSH(マッキントッシュ)=同右上

アイコンのAラインはジャケットでも健在

涼やかなシボ感が印象的な、薄手ナイロンによる一着。ゆとりをもたせたシルエットで、コート譲りの優美なAラインを楽しめるのが魅力だ。袖口はボタンや切羽のない筒袖のため、ラフにロールアップしてもサマになる。名門マッキントッシュが4万円台で手に入るというコスパにも注目。4万9500円(マッキントッシュ青山店)

HEVO(イーヴォ)=同右下

モダンな魅力が際立つリラックスシルエット

白黒チェックのシアサッカー素材で仕立てたジャケットは、ゆったりとしたリラックスシルエットが今どき。コンパクトなラペルや直線的なフロントカットとも相まって、コートと同様のモダンさが光る一着だ。1つボタンの袖口もスポーティーなアクセントとして効いている。8万1400円(トヨダトレーディング プレスルーム)

MOORER(ムーレー)=同左下

着脱式フードで3シーズン活用可能

着脱式のチェストウォーマー&フードがセットされ、外すとノッチドラペルになるジャージージャケット。箱ポケットやスクエアカットの裾、リブ袖といったブルゾン的意匠が光るハイブリッドデザインだ。2WAYゆえ登板季節も長く、1着で3シーズンの活用も可能。休日の主役として重宝するはずだ。20万3500円(コロネット)

※表示価格は税込みです。

撮影=熊澤 透〈人物〉、伏見早織、武蔵俊介〈静物〉 スタイリング=四方章敬 ヘアメイク=MASAYUKI(The VOICE)、古川 純 構成・文=小曽根広光、撮影協力=EAT PLAY WORKS、バックグラウンズ ファクトリー

MEN'S EX

[MEN’S EX Spring 2022の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE