「服装の自由は発想の自由」 だから仕事靴はスニーカー

フランスの銀器ブランド、クリストフル ジャパン(東京・渋谷)社長のフレデリク・ジェダさん(46)は「服装の自由」が、従業員の発想を広げる一助になるとの考えを持っています。好きな服装で通勤してよい、Tシャツで仕事をしたってOK。ただし社外の人との打ち合わせなどがあるときはきちんとした服装をする、というのが同社のルール。そこで増えたのが「置きシャツ」や「置きジャケット」。会社には従業員のために着替え用のスペースまで用意しています。

ジェダさん自身もスーツやネクタイをオフィスに常備していますが、普段はリラックスしたジャケット&パンツ姿が多くなり、足元はスニーカーの出番が増えました。実は大の「オニツカタイガー」のスニーカーファン。服装にもニューノーマルが到来している今こそ、堅い企業の経営者であっても、色の組み合わせや素材でもっと遊んでもいいのでは、と話しています。

「男性にもそろそろ服装革命が起こってほしい。100年たっても同じスタイルが残っているのはちょっと違うんじゃないかなと感じています」と話すクリストフル ジャパン社長のフレデリク・ジェダさん(東京・港のクリストフル青山本店)
仕事では薄い水色と白の組み合わせがもっとも集中できる色の組み合わせ。子供と遊ぶ週末はにぎやかな色を着る

【インタビューはこちら】

(上)「置きジャケット」で仕事服革命 クリストフル日本社長

(下)「イタリア男完コピ」は日本の謎 クリストフル日本社長

「おしゃれ無用」だったアスリート ほめられて方向転換 

ドイツのタオル地ハンカチ、フェイラージャパン(東京・千代田)社長の川部将士さん(49)は14年間楕円ボールを追いかけたラガーマン。がっしりした体形にスーツが映えますが、そのラグビー体形に大いに悩まされてきたと言います。服選びに影響するのが首回りで、ラグビーから離れた今でも筋肉は落ちず、45センチもあります。商社マン時代は既製服のスーツやシャツを無理やり着ていたといいますが、今は体形に合うスーツやセットアップとの出合いを楽しんでいます。お気に入りは、機能的で軽やかなBOSSやラルディーニだそうです。

ファッションの面白さを教えてくれたのが、かつて出向していたバーニーズジャパン。販売員は、川部さんが選ばないようなアイテムをすすめ、着こなし方を教えてくれ、ほめてくれる。チャレンジすることを後押しされ、ファッション観が変わったそうです。

フェイラージャパン社長の川部将士さんは、フェイラーが日本進出を果たした年と同じ1972年生まれ。顧客層の若返りのために次々と仕掛けた取り組みが当たり、快進撃を続けている(東京都中央区のフェイラー銀座本店)
胸板が厚く背筋が伸びてポーズも決まる。BOSSのセットアップは機能的で動きやすいとお気に入りだ

【インタビューはこちら】

(上)コレだ! 「ラグビー体形生かす服」 フェイラー川部社長

(下)バーニーズの赤パンで装いに覚醒 フェイラー川部社長

「自分なりのスタイルを貫く」仕事服 でもTPOはしっかり

米スポーツアパレル「アンダーアーマー」の日本総代理店、ドーム(東京・江東)会長、安田秀一さん(52)は会社でも家でもアンダーアーマーのウエアを手放しません。スエットのセットアップにスニーカーという軽快な服装で、仕事に臨みます。ドレスコードが存在しない職場では自分なりのスタイルを貫く、というのが正解です、ときっぱり。仕事相手がラフな格好でオフィスに現れても、まったく気にならないと言います。一方で、パーティーやセレモニーなどという時はタキシードやダークスーツで臨みます。服装で重視するのはオケージョン(機会)なのです。

大好きなブランドだと明かしてくれたのがシャネル。創業者、ココ・シャネルの思想に共鳴するそうです。シャネルは女性のために女性デザイナーが作った服。動きやすいジャージーを取り入れて、コルセットをした窮屈なファッションをまとっていた女性を解放しました。アンダーアーマーの創業者も、安田さんも元フットボール選手。アスリートがアスリートのために考え抜いて生み出されたアパレルというところが、シャネルと共通するのでしょう。

「僕にとってファッションというのは着飾ることではなくて、どんどんそぎ落としていくこと。中身がしっかりしていることが一番のファッションだと思っています」と話すドーム会長、安田秀一さん(東京都江東区のドーム本社)
法政大学時代はアメフト部の主将、大学全日本選抜チームの主将を務めた。立ち姿がキマる。「東京オリンピック・パラリンピックでアスリートの魅力に触れた日本人のライフスタイルは大きく変わると思います」

【インタビューはこちら】

(上)「こびない、盛らない、ごまかさない」 ドーム安田会長

(下)アンダーアーマーの思想、シャネルと共鳴 ドーム会長


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE