私の仕事がなくなる前に 事務からIT、学び直し急ぐ

2021/11/30
再就職に向けてITスキルを身につける講座を受講する飯山朋恵さん㊧(東京都渋谷区の青山学院大学)
再就職に向けてITスキルを身につける講座を受講する飯山朋恵さん㊧(東京都渋谷区の青山学院大学)

長らく働く女性の受け皿となってきた事務職が危機にひんしている。人工知能(AI)などIT(情報技術)に取って代わられ、仕事が急速に失われている。このままでは失業リスクが高まる。なくなる業務から需要が高まる業務へ――。IT人材へのリスキリング(学び直し)を急ぐ女性が増えている。

大学や企業、ITリカレント講習で転身後押し

「きれいに『T』が刺しゅうされていきますね」。飯山朋恵さん(33)は自動ミシンが手提げバッグに糸を縫うのを、熱心に見つめる。針と糸を操るのはミシンだが、どこにどう刺しゅうするか、そのプログラムは飯山さんがパソコンで組んだ。青山学院大が10月開講した女性のためのITリカレント講習「ADPISA―F」の一環だ。「プログラミングは生まれて初めて。想定通りの仕上がりに満足です」と話す。

8月まで商社に一般職として勤めていた。報告書の作成など事務サポートが主な役割だ。ただ、そうした定型的な仕事は入社時より減り、ここ数年将来のキャリアに悩んでいた。思い切って職種チェンジしようと退職。ITスキルを基礎から学べる同講習に懸ける。

ADPISA―Fは女性の就労支援が目的だ。JavaやPythonといったプログラム言語、ネットワークセキュリティーなどを10月~2022年1月に計250時間学ぶ。システムエンジニアやウェブデザイナー等として活躍できるITスキルが身につくようにカリキュラムを組んだ。

受講料は無料。教材費5000円程度で受けられるとあって、30人の定員に142人が応募した。ほとんどは無職で、コロナ下で失職した女性も含まれる。山口理栄プロジェクト教授は「ただでさえ女性の再就職はハードルが高いのにコロナで厳しさは増した。今後人手不足が予想されるITスキルは再就職の強い武器になる」と強調する。

次のページ
AIで消える事務 日本女性の失業リスク高く