スグレものハサミ、小型でも使い方は3通り

「ミドリ」ブランドを展開するデザインフィル(東京・渋谷)の「携帯マルチハサミ」は、コンパクトなだけでなく段ボールオープナーや、ワイヤーカッターなどの機能も兼ね備えたハサミです。紙や厚紙、段ボール、針金など様々なモノを切れるので、普段使いだけでなく、DIYやアウトドアなどのハードなシーンでも使えます。

写真左から黒、カーキ

「携帯マルチハサミ」は、キャップ付きなので持ち運びの際も安全です。また、刃をさびにくくするためにキャップには水切り穴がついています。釣りのように水がかかりやすいシーンや、悪天候の際にアウトドアで使ったときにも安心です。カラーは黒とカーキの2色で価格は1100円(税込み)です。

握りやすいハンドル

このハサミは、手のひらサイズのコンパクトな大きさです。キャップを外した状態では幅6.5×高さ10.05×奥行き1.05センチ。ハンドル部分はポリプロピレン樹脂にグラスファイバーを配合し強化した素材できているのでかなり丈夫。ハサミの刃は、片刃をカーブにした形状で、根元から刃先までしっかりと切ることができます。

片刃がカーブの形状になっています

切れ味にこだわって作られているので、滑らかにサクサクと紙が切れます。薄い紙だけでなく、厚紙やカード類も簡単に切れます。刃の裏面には溝彫り加工が施してあり、粘着テープなどを切った際に刃にノリがつきにくくなっています。

宅配便などの開封には刃先の下部を使うと便利

ハサミの刃先の下部がギザ刃になっているので、段ボールオープナーとしても使えます。段ボールを閉じている粘着テープやフィルムテープの開梱の際は、ハサミの刃先を当てて引くだけでテープが切れます。荷物が届いたときにサッと使えて便利です。

針金を切断できるワイヤーカッター機能も搭載

ハンドル側の根元部分は、針金を切断できるワイヤーカッターになっています。鉄製の針金なら直径1.2mmまで、銅製の針金なら直径1.6mmまでのものなら切断できるので、ちょっとしたDIYやアウトドアのシーンでも大活躍してくれます。このように「携帯マルチハサミ」は様々な機能を備えているので、玄関や家庭のDIYコーナーに1つあると非常に便利です。

いざという時の備えにも

最近は普段使いができる文具でありながら、災害時やアウトドアなどでの利用も意識した商品が増えてきました。災害に対する備えとして食料や救急用品だけでなく、悪天候にもかかわらずメモがとれるペンやコンパクトで便利なカッターやハサミなどがあると、いざという時に心強いでしょう。今回は特にコンパクトな文具をチョイスました。これらは備蓄ボックスに入れても、アウトドアで持ち運ぶ際でも邪魔にならないのでお勧めです。「防災の日」に災害用の備蓄品を見直してみてはいかがでしょうか?

(文/写真 やまぐちまきこ)

やまぐち まきこ
年間300万PVを超える人気ブログ「フムフムハック」の編集長。文房具を中心に「読んでフムフム・ワクワクする」コンテンツを発信。雑誌やWEBで文具ライターとしても活躍中。フムフムハック:https://www.fumufumu89.com/